スポンサーリンク

夏場のフケを抑えるには?ベタベタか細かいかで、対処も違ってくる!

薄毛・フケ

一般的には、空気が乾いていて、頭皮が乾燥しやすい冬のほうがフケが出やすくなります。しかし近年は、さまざまな理由で夏場にもフケが発生しやすくなりました

この記事では、夏場に出るフケの原因と種類をご紹介、対処方法をお伝えします。

脂性フケ(べたべたタイプ)

フケとは、古い角質がはがれたもの。頭皮のターンオーバーが正常に機能しなくなると、目に見えるような大きさのフケが目立つことになります。

夏場に多いベタつくフケは、皮脂や汗が原因

湿ってベトベトしていて、髪に絡まりやすいタイプのフケを、脂性フケと呼びます。

夏場は大量に汗をかくので、新陳代謝が早まります。すると、頭皮のターンオーバーも早まり、皮脂がたまりやすくなります。

頭皮には、マラセチア菌という常在菌が存在しています。皮脂がたまると、皮脂を栄養素とするマラセチア菌も増殖します。こうなると、洗髪などで取り切れなかった皮脂が酸化し、ほこりや汗を吸着、古い角質と混ざり合ってべとべとしたフケとなるのです。

特に、仕事でヘルメットや帽子を被る人、脂っこいものをたくさん食べる人は、脂性フケが出やすくなります。

洗浄力の強すぎないシャンプーを使うべし!

とはいえ、この皮脂、落としすぎてもダメなんです。皮脂には、細菌やウィルスの侵入を防ぎ、頭皮を乾燥から守る役割があります。

ところが、市販されているシャンプーの多くは洗浄成分が強すぎるため、必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。特に、石油由来の合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるため、お肌のバリア機能を傷つけるる可能性があります。

脂性フケで悩まされているかたは、頭皮のバリア機能が弱まっている状態です。特に、以下の成分は毒性が強いので、注意が必要です。

・ラウリル硫酸トリエタノールアミン

・ラウレス硫酸ナトリウム

・塩化ステアリトリメチルアンモニウム

・セチル硫酸ナトリウム

・ ポリ(オキシエチレン)オクチルフェニルエーテル

高級アルコール系、石けん系、石油系のシャンプーには、強い洗浄成分が使われています。皮脂を取りすぎて乾燥を招いてしまいます。

タンパク質系、アミノ酸系、オーガニック系シャンプーが、肌への刺激が少ないのでオススメです。

乾性フケ(パラパラタイプ)

パラパラとしていて、細かいフケを乾性フケと呼びます。

さらさらフケの原因は、頭皮や空気の乾燥

皮脂が不足して頭皮が乾燥していると、免疫力が弱まります。すると、ターンオーバーが早まって、まだ成長しきれていない角質がパラパラとはがれ落ちます。これが、乾性フケです。

空気が乾燥していると頭皮も乾燥しやすく、本来は冬に発生しやすいフケです。しかし、近年はエアコンの利用により、夏場でも室内が乾燥しやすくなっています。

ご家庭でエアコンを使用する際は、湿ったタオルを置くなどして、頭皮を乾燥から守りましょう。

日焼けによる乾燥にも注意

お顔のUVケアをしている人は多いでしょうが、髪や頭皮にまで気を遣っている人は少ないでしょう。

紫外線を浴びすぎて頭皮の細胞がダメージを受けると、ターンオーバーが早まります。日焼け=火傷ですので、新しい皮膚細胞を生み出し、外側の古い角質をはがそうとするのです。このはがれ落ちた角質こそ、パラパラフケの正体です。

また、紫外線の浴びすぎは、頭皮の真皮にあるコラーゲンにもダメージを与えます。発毛にも影響を与え、薄毛の原因となりかねません。

6月~8月は、1年のなかでも紫外線の多い季節。帽子を被るなどして、なるべく頭皮に紫外線を当てないようにしましょう。

乾性フケには、ホホバオイルが有効

ホホバオイルという、植物由来のオイルがあります。人間の皮脂に似た成分で、高い浸透力と保湿力があります。

このホホバオイルを使うことで、洗髪時の皮脂を取りすぎを防いでくれます。使用方法は・・・

① くしで髪の毛の汚れをサッと落とす。

② ホホバオイルを頭皮に塗りこむ

(爪は立てずに、指のはらで頭皮全体をマッサージするように)

③ 5分ほど放置

④ いつものようにシャンプーする

⑤ すすぎはしっかり

まとめ

最近は、夏でもエアコンが効いている環境がふえてきました。このため夏は、汗や皮脂による脂性フケと乾燥による乾性フケが、どちらも発生しやすくなっています。

頭皮の状態、フケの種類を見極めたうえで、正しいヘアケアを心がけましょう。

薄毛・フケ
スポンサーリンク
シェアする
からだの悩み改善.com