にんにくの口臭対策!りんごや牛乳を摂るタイミングはいつ?

りんごや牛乳でニンニクの口臭対策 未分類

ニンニクのたっぷり入った餃子やラーメン、焼肉。あのガツンとくる感覚、たまりませんよね。しかし、美味しいけれど、翌日の口臭が気になってしまいます。

ニンニクの臭いを軽減する食べ物・飲み物があるのでしょうか? また、それらはいつ食べたり飲んだりすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ、ニンニクが口臭の原因となるの?

ニンニクの臭いの元となるのは、アリシンという成分です。実は、自然に生えているニンニクには存在していません。ニンニクをすり下ろしたり刻んだりすると、アリインという成分が酵素のはたらきによって、化学変化を起こします。強烈なニオイを発するアリシンに変化するのです。

牛乳やコーヒーを飲むのはいつ? ニンニクの消臭効果が期待できる食材とタイミング

牛乳でニンニクの臭いを消すには?

アリシンの性質上、ニンニクの臭いを完全に消すことは難しいです。それでも、食べ合わせとタイミングによって、臭いを和らげることができます。

牛乳を飲む(食前)

牛乳に含まれているたんぱく質は、アリインと結合しやすい性質があります。ニンニクを食べたときにニオイ成分の発生をおさえてくれます。

また、 食前に牛乳を飲んでおくと、牛乳の脂肪分は胃の粘膜にうすい膜をはります。ニンニクを食べると、体内でアリルメルカプタンという臭い成分が発生しますが、胃にはられた膜がアリルメルカプタンの吸収をおさえてくれます。

この予防効果は、水分と脂肪分が混ざることでチカラを発揮します。このため、脂肪分の高い牛乳のほうがオススメです。コップ1杯を食前に飲んでおきましょう。なお、水分と脂肪分がたくさん含まれるヨーグルトやアイスクリームなども、同じような消臭効果を期待できます。

緑茶を飲む(食中)

緑茶に含まれるカテキンには、消臭効果があります。カテキンは、ニンニクの臭い成分アリシンと結びつき、化学反応によってニオイの少ない不揮発性物質へと変化します。

コーヒーを飲む(食後)

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールが含まれています。“~酸”という呼び方でわかるように、コーヒーは酸性の飲み物です。

いっぽうで、ニンニクはアルカリ性食品です。このため、酸性であるコーヒーのポリフェノールは、アルカリ性の匂い成分を吸収しやすい性質があります。

その他にも、コーヒーには苦みのもととなるタンニンも含まれています。これは、消臭効果のある成分です。タンニンは、制汗剤などの消臭スプレーにも使われています。

パセリを食べる(食べた直後)

古代ギリシャでは、肉料理のあとにパセリが食べられていました。臭いを消す効果があると信じられていたからです。

パセリには「ピネン」「アピオール」といった香り成分が含まれていて、抗菌・殺菌効果だけでなく口臭予防にもなります。

実際、小林製薬の『ブレスケア』は、パセリオイルを配合しています。

【まとめ買い】ブレスケア 水で飲む息清涼カプセル 詰め替え用 ミント100粒×2個(200粒)

リンゴを食べる(食べた直後)

ニンニクを食べると、アリシンが分解されてアリルメルカプタン となり、全身へ運ばれてゆきます。食後に生のりんごを食べると、口の中の臭い成分と結合し、腸へ吸収されるのを防いでくれます。このため、時間が経ってから匂うことが少なくなります。

りんごポリフェノールは、皮に多く含まれるので、皮ごと食べたほうが効果的です。

水を飲む・ガムを噛む(翌日)

だ液は、天然の洗浄液です。口の中を殺菌し、ニオイを和らげてくれます。このため、口の中にだ液が少ないと、口臭が発生します。朝めざめた後は、口の中のだ液も減っているので、まずは水を飲みましょう。

だ液のもととなる水分を補うことができます。また、酸っぱいものを食べたり、ガムを噛んだりして、だ液を出すようにすれば、口臭を軽減することができます。

とはいえ、 ニンニクの臭い成分アリシンは、食後1時間ほどで全身にまわってしまいます 。翌日になってからニオイをおさえるのは至難の業です。

そこで、翌日になってから口臭をおさえるのに有効なのが、市販薬の『サクロフィール』です。にんにくを食べた後、お酒を飲んだ次の日の朝などに服用すれば、全身に回ってしまったニオイもかなりおさえることができます。

【第3類医薬品】サクロフィール錠 50錠

まとめ

ニンニクの臭いをおさえるには、食前に牛乳を飲む、食中に緑茶を飲む、食後にりんごを食べるなどの方法があります。

食後1時間後までに対策をとっておくのが、重要です。