にんにくの口臭対策!りんごジュースはいつ飲むのが良い?

りんごや牛乳でニンニクの口臭対策体臭

ニンニクのたっぷり入った餃子やラーメン、焼肉。あのガツンとくる感覚、たまりませんよね。しかし、美味しいけれど、翌日の口臭が気になってしまいます。

ニンニクの臭いを軽減する飲み物のひとつとして、牛乳やリンゴジュースが挙げられます。口臭対策として、いつ飲めばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ、ニンニクが口臭の原因となるの?

ニンニクの臭いの元となるのは、アリシンという成分です。実は、自然に生えているニンニクには、アリシンは存在しません。

ニンニクをすり下ろしたり刻んだりすると、アリインという成分が化学変化を起こします。強烈なニオイを発するアリシンに変化するのです。

牛乳やリンゴジュースを飲むのはいつが良い? ニンニクの消臭効果が期待できるタイミングとは?

牛乳でニンニクの臭いを消すには?

アリシンの性質上、ニンニクの臭いを完全に消すことは難しいです。それでも、食べ合わせとタイミングによって、臭いを和らげることができます。

牛乳を飲む(食前)

牛乳に含まれているたんぱく質は、アリインと結合しやすい性質があります。ニンニクを食べたときにニオイ成分の発生をおさえてくれます。

また、 食前に牛乳を飲んでおくと、牛乳の脂肪分は胃の粘膜にうすい膜をはります。ニンニクを食べると、体内でアリルメルカプタンという臭い成分が発生しますが、胃にはられた膜がアリルメルカプタンの吸収をおさえてくれます。

緑茶を飲む(食中)

緑茶に含まれるカテキンには、消臭効果があります。カテキンは、ニンニクの臭い成分アリシンと結びつき、化学反応によってニオイの少ない不揮発性物質へと変化します。

りんごジュースを飲む(食べた直後)

ニンニクを食べると、アリシンが分解されてアリルメルカプタン となり、全身へ運ばれてゆきます。食後にりんごジュースを飲むと、りんごポリフェノールと口の中の臭い成分と結合し、腸へ吸収されるのを防いでくれます。 時間が経ってから匂うことが少なくなります。

もっと効果的なのが、生のりんごを食べることです。りんごポリフェノールは、りんごの皮に多く含まれるので、皮ごと食べたほうが効果的です。

まとめ

ニンニクの臭いをおさえるには、食前に牛乳を飲む、食中に緑茶を飲む、食後にりんごを食べるなどの方法があります。

食後1時間後までに対策をとっておくのが、重要です。

体臭
スポンサーリンク
シェアする
からだの悩み改善.com