こたつで寝ると風邪をひくのはなぜ?布団で寝るのと何が違うの?

未分類
あとむさんによる写真ACからの写真

昔から、「こたつで寝ると風邪ひくよ」とよく言われています。 私は冬になると、毎年のようにテレビを見ながらこたつで寝て、風邪をひきます。

ところが意外なことに、医学的には因果関係ははっきりしてないそうです。そんなバカな? 「こたつで寝ると風邪をひく」のは、ただの言い伝えや迷信なのでしょうか?

そこで、風邪にかかるメカニズムを調べました。また、こたつで寝ている時と布団で寝ている時、カラダに何が起こっているかも検証してみました。

スポンサーリンク

かぜとはどんな病気なのか?

通常、「かぜ」と呼ばれる病気の正式名称は、「かぜ症候群」となります。原因の80~90%は、ウィルス感染によるものです。ライノウイルス、コロナウィルス、アデノウィルスなどが鼻やのどに入り、粘膜に付着します。これらのウィルスが増殖すると、鼻やのどの奥で炎症を起こしてしまいます。

すると人間の免疫機能がはたらき、原因ウィルスを体から追い出そうとします。のどであれば炎症やせきとして、頭であれば発熱・頭痛として、鼻であれば鼻水くしゃみとして・・・これらは、体からウィルスを追い出そうとする免疫反応なのです

かぜはどんな時にかかりやすくなる?

ウィルス自体は、一年中存在しています。しかし、いつでも風邪にかかる訳ではありません。

冬など、空気が乾燥しているとき

なぜ、冬場になるとかぜが流行るのでしょうか?

飛沫中のかぜの原因ウィルスは、通常は水分を含んでいるため、長いあいだ空気中を漂うことはありません。しかし、空気が乾燥していると、ウィルス粒子は軽くなるため、空気中を浮遊するようになります。

さらに気温が低くなると、わたし達の体温も下がり、カラダの抵抗力が弱まってしまいます。すると、かぜの原因ウィルスは、鼻やのどから侵入しやすくなるのです。

わたしたちの免疫力が低下しているとき

何らかの原因で鼻やのどの粘膜の免疫力が下がっていると、ウィルスの侵入を許しやすくなっています。

・激しい運動のあと

睡眠不足

口腔内の粘膜が乾燥しがちな人(口呼吸をしてしまう)

・栄養のバランスが偏っている人

・受験生など、過度のストレスを抱えている人

・高齢者や乳幼児など、抵抗力が弱い人

こたつと布団で寝るのは、何が違う?

同じ寝るという行為なのに、ふとんは大丈夫でこたつはダメ。いったい、何が違うのでしょうか?

こたつで寝ているとき、カラダはどうなる?

わたしたちは、季節に関係なく、寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます。寝汗をかく目的は、より質の高い睡眠を得るため。寝る時に体温を下げ、脳が休みやすい環境を整えるためです。

こたつで寝ることは、こういった体の機能にどのような変化を与えるのでしょうか?

amazonで販売されているこたつを調べてみました。平均すると、の設定温度が30℃前後、の設定温度が44℃前後だということがわかりました。

体温に近い、もしくは体温以上の温度のコタツに長時間入っていると、尋常ではない寝汗をかくことになります。すると、体内に入ってくる水分量と体外へ出てゆく水分量のバランスが崩れ、脱水症状になってしまいます。脱水状態を放置すると、鼻やのどの粘膜が乾燥し、免疫力が低下します

ふとんで寝ると、なぜ風邪をひきにくい?

人間は起きているときは、交感神経が優位となり、体温は高くなります。反対に眠っているときは副交感神経が優位となり、カラダの深部は低温になります。

ふとんで寝ているときは、寝返りを打つことによって体温を調節することができます。寝返りを打つことで温まり過ぎた場所を、いったん冷やす効果があるのです。

暑い夜ほど寝返りが多いのは、敷き布団と接している部分が汗をかきにくくなるため、それを防ぐためです。寝返りによって体を動かし、一部分だけが高温になることを避けているのです。

これに対して、コタツは寝返りを打ちにくいため、より脱水症状を加速させてしまうのです。

こたつは直接的な原因ではない? 風邪ウィルスの潜伏期間は?

ここで、疑問が生じます。ウィルスに感染してから、かぜを発症するまでには潜伏期間というものがあります。

たとえば、「鼻かぜ」の原因となるライノウイルスの潜伏期間は、約1日~3日程度です。また、「のどかぜ」の原因となるアデノウィルスの潜伏期間は、約5~7日

つまり、こたつで寝てから風邪の症状があらわれた場合は、すでにかぜの原因ウィルスに感染していた可能性が高くなります。こたつがかぜの直接の原因というより、かぜにかかり始めていた状態でこたつで寝ると発症が加速される、というのが本当のところではないでしょうか?

ただ、こたつで寝ると免疫力の低下を招くことは間違いありません。低温ヤケドの危険性がありますし、筋肉や関節に負担もかけてしまいます。血流が悪くなると、深刻な病気を引き起こしかねません。冬場はただでさえ免疫力が落ちているので、こたつで眠らないようにするのが賢明なようです。