スポンサーリンク

日本製の夏用マスクは楽天で買える?販売サイトや生地の素材を紹介

日本製の夏用マスクは楽天で買える?販売サイトや生地の素材 未分類

日中の気温が高くなってきました。外出時のマスク着用が推奨されていますが、マスクの蒸れや熱中症の懸念が出てきます。夏用マスクの需要を受けて、マスク製造に参入する国内メーカーも増えています。

この記事では、日本製の夏用マスクの素材と、楽天で購入できるかどうかをご紹介します。なお、通販の価格は流動的なので、変動する可能性があります。

注文殺到!丸井織物の「ひんやり夏用マスク」

新聞などで取り上げられ、注文が殺到しているのが丸井織物の「夏用マスク」。丸井織物は、石川県中能登町の繊維メーカー。2020年の初めからマスク製造に参入しています。

「ひんやりマスク」は、夏用の洋服の生地を使い、熱を逃がすような作りになっています。1枚1980円(税込み)。抗菌フィルターが5枚(30日ぶん)ついています。洗えるのが特徴で、洗ったあとも部屋干し2時間で乾くスグレモノ。マスクには、フィルター用のポケットがついていて、抗菌フィルターを入れ替えて使用できます。

ちなみに、抗菌フィルターは不織布なので洗濯はできませんが、アルコールなどで消毒することができます。抗菌フィルターだけを別に購入することもできます。こちらは、30枚で1080円(税込み)。

アパレル専門店コックスの「ぴたマスク」

イオングループでアパレル専門店を展開するコックスは、大人用の布マスク「ぴたマスク」の予約販売をはじめました。

素材は肌にやさしい綿100%で、触ったときにヒンヤリします。通気性に優れてムレにくく、伸縮性があるためお顔にフィットしやすいマスクです。手洗いが可能。3枚で1200円(税抜き)。全5色。子ども用の「ぴたマスク」も販売しています。

【公式】TOKYO DESIGN CHANNEL|旧コックス公式オンラインストア
Mask.com、ikka、LBC、VENCE、notchなどの直営WEBストアが集結!公式ならではの品ぞろえとサービス・ライフスタイルをご提案!どのサイトよりもいち早くブランドの最新情報を配信中!!

水着素材で作られた涼しい「UV MASK」

変わった素材のマスクもあります。「UV MASK」は、花粉や塵をガードし、日焼け防止の機能もついた水着素材のマスク。丸洗いできるのも納得です。

水着というとピタッとした印象で、圧迫感がありそうですが・・・この商品は高品質の“アイスシルク”というなめらかな素材を使っているので、つけ心地もやわらかです。

日本製夏用マスク水着素材

3枚で1,280円(税込み)。

デニム製の「ひんやり冷感マスク」

岐阜県関市 武芸川町(むげがわちょう)で生産されているのが、「ひんやり冷感マスク」。職人さんの手によって作られたデニム生地を使ったマスクで、ファッション性にもすぐれます。

夏用冷感マスクデニム生地日本製

S(キッズ)・M(レディース)・L(メンズ)の3サイズあり、冷たすぎず適度なひんやり感を得られるマスクです。

※このマスク自体に、ウィルスや塵をガードするフィルターはありません。

ボトムの素材で作った「立体フィットマスク」

広島県でミセスボトムを製造しているメーカーの、「立体フィットマスク」。ポリエステル85%、ポリウレタン15%の素材でできています。お肌が敏感な方は、素材に注意する必要があります。

息苦しさを軽減するため、薄手の生地を使っているのが特徴。やわらかく伸びる素材で、男女ともにフィットします。ただし、ウィルスの飛沫を完全に防ぐ仕様ではありません。

くり返し洗濯可能。2枚で1,000円(税込み)。5/25より順次発送です。

日本製の夏用 冷感マスクを選ぶときに注意すべきこと

さまざまな国産メーカーが夏用マスクの市場に参入し、マスク不足に一役買ってくれています。歓迎すべきことですが、注意したいこともあります。

まずは、素材。ウィルスを抑える不織布が手に入りづらいため、各メーカーはさまざまな素材を使っています。お肌が荒れやすい人は、素材が自分の肌に合うかどうか注意する必要があります。

そして、安全性。夏用の冷感マスクはひんやり感を重視しているため、必ずしもウィルスをガードする機能を備えていません。むしろ、基準を満たした中国産のほうが安全だったりします。新規参入の国産マスクを使う場合は、大きめのマスクを購入して、中にガーゼや抗菌フィルターを入れるなど、工夫する必要があります。

楽天市場 マスク

未分類
スポンサーリンク
シェアする
からだの悩み改善.com