ミラブルはダサくて安っぽい?デザインのイケてるシャワーヘッドとは?

ミラブル

シャワーヘッドのミラブルの口コミを読むと、「見た目がダサい」「安っぽい」という意見があります。税込みで4,4950円もするのに、安っぽいのは嫌だと思う気持ちもわかります。そこで、

  • ミラブル以外にカッコいいデザインのシャワーヘッドがあるのか?
  • ミラブルのシャワーヘッドは,なぜ安っぽく見えてしまうのか?

調べてみました。

シャワーヘッドをデザインだけで選ぶなら?グッドデザイン賞のデッドなど

デザインを比較するにあたって、シャワーヘッドの形状と重量も載せています。

「ミストップ・リッチシャワー」・・・持ちやすさを重視したシャワーヘッド

  • 散水版の直径・・・8cm
  • 高さ・・・20.5cm
  • グリップの直径・・・3cm
  • 材質・・・ABS樹脂、POM樹脂、PP樹脂、EPDM(ゴム)、SUS(合金)
  • 重量・・・240g
  • 販売価格・・・約13,200円

まずは、2017年にグッドデザイン賞を受賞したシャワーヘッド、「ミストップ・リッチシャワー」。ワンプッシュでかんたんに水を止められることから、節水効率が高いのが特徴です。

「ナノ フェミラス」・・・花柄のヘッドが女性に大人気

  • 散水版の直径・・・7.2cm
  • 高さ・・・24cm
  • グリップの直径・・・6cm
  • 材質・・・ABS樹脂、ステンレス304
  • 重量・・・160g
  • 販売価格・・・約14,300円

水を出すヘッド部分のデザインにこだわったシャワーヘッド。ヘッド部分が花びら模様になっていて、肌あたりが優しいのが特徴です。

「天音 あまね」・・・丸いフォルムがかわいらしい

  • 高さ・・・20.2cm
  • グリップの直径・・・7.7cm
  • 重量・・・160g
  • 材質・・・ABS樹脂、SUS(合金)、シリコン、EPDM(ゴム)
  • 販売価格・・・8,000~12,500円

まるでドラえもんの秘密道具のような丸いフォルムと、「ピンク」「ホワイト」「パール」などカラーのバリエーションも豊富なシャワーヘッド。

ミラブルはダサくて安っぽい?ミラブルの材質は他のシャワーヘッドと違う?

ミラブルを実際に購入した人の中にも、デザインに関してはこんな意見も。

シャンプーを変えてないのに、洗った後はさっぱりします。でも、プラスチックのおもちゃみたいで安っぽく感じちゃう

透明な持ち手のシャワーヘッドを使ってますが、ラブホテルみたいでダサい

確かに、デザインだけなら、ミラブルよりも見た目のいいシャワーヘッドはあります。でも、実はミラブルplusにもカラーバージョンがあるので、確かめてみてください。

ミラブル限定カラー取扱正規店

もうひとつ。いっけん安っぽく見えるミラブルの材質について。

  • 高さ・・・16cm
  • グリップの直径・・・7cm
  • 重量・・・162g
  • 材質・・・ポリカーボネート、ABS樹脂、EPDM(ゴム)
  • 販売価格・・・4,4950円

ミラブルは、本体部分に「ポリカーボネート」という材質を使っています。

ポリカーボネートは耐久性と透明度にすぐれた樹脂の一種でできています。

落としたりぶつかったりという衝撃性にも強く、車のヘッドライトや防弾ガラス、スマホケースにも使われています。

 

これに対して、他社のシャワーヘッド本体に使われているのは、ABS樹脂

こちらは加工性に優れていていますが欠点があります。それは、耐候性(たいこうせい)に弱いこと。つまりは、熱や湿気に弱いということです。

耐久性がそれほど高くないということもあり、ミストップ・リッチシャワー、ナノフェミラス、天音ともに、メーカーの保証期間は1年です。

 ミラブルplusは正規の代理店で購入すれば、最長で5年の保証期間がつきます。それだけ素材にこだわっているんですね。

タイトルとURLをコピーしました