WordPressで作った新規サイトがインデックスされない?【原因は更新頻度?】

WordPress

私は、はてなブログとこのWodPressサイトの2つのサイトを運営しています。このWordPressサイトは立ち上げて2年になりますが、記事をアップしてもとにかくGoogleの検索ページにインデックスされません。

なにが原因なのでしょうか?

スポンサーリンク

WordPressで作った新規サイトが検索しても出てこない理由とは?

WordPressで作ったばかりの新規サイトが、Googleにインデックスされないおもな原因は3つ。

作りたての新規ドメインのため、Googleのクローラーに見つけてもらってない

新規記事をアップロードしてから、検索エンジンにインデックスされるまでには時間がかかります。これは、Googleのクローラーがなかなか訪れてくれないからです。

クローラーとは、サイトの情報を収集するロボットのこと。クローラーに認識してもらえないと、そもそもインデックスされません。これは、ブログを始めたばかりの人が誰でもブチ当たる壁です。

特にサイトの立ち上げ時は、クローラーが頻繁に訪れてくれるようになるまで、地道に記事を更新しづつけなくてはなりません

no indexタグが入ってしまっている

WordPressでは、no index(ノーインデックス)というタグを付けることができます。 no indexタグとは、サイト内のページをあえて検索ページに登録させないように使うタグのことです。

誤ってこの設定がオンになっていると、いくら待ってもインデックスされません。

ダッシュボードより、「設定」「表示設定」と進み、「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」という項目にチェック(✔)が入っているかどうかを確認します。

チェックが入っていたら、すぐに外さなくてはなりません。

クロール済みなのに、インデックス未登録となっている

Googleサーチコンソールより、「カバレッジ」「除外」と進むと、

「クロール済み – インデックス未登録」と判定されているページが予想以上に多いことがあります。

「クロール済み – インデックス未登録」とは、Googleの検索ロボットがサイトを訪れ、ページの存在を確認したにも関わらず、インデックスさせていないことを意味します。

 

この他、

  • robots.txtというファイルの設定により、ページをクロールされないように制御している
  • グーグルの品質ガイドラインに違反していたり、ペナルティを受けている中古ドメインで運営している

などの原因も考えられますが、ブログを始めたばかりの人が引っかかるとは考えにくい項目です。

ここでは、 「クロール済み – インデックス未登録」 と判定される原因を、もう少し掘り下げてみたいと思います。

ページがインデックスされない原因とは?【検索エンジンはWordPressの新規サイトには厳しい?】

実をいうと、本サイトがまさに 「クロール済み – インデックス未登録」 と判定されまくっている状態でした。SEOに詳しいプロのかたのご意見を読むと、インデックス未登録となっている原因は

  1. インデックスするほどの価値がない“低品質コンテンツ”と判定されたため
  2. 他のページから内部リンクが貼られておらず、クローラーがページを見つけにくいから

という説明がなされていました。

 

体感として、「低品質コンテンツ」が原因でインデックスされていない、とは考えにくいのです。というのも、私ははてなブログも同時進行で運営しています。SEOの勉強も5年しているし、記事はかなり作りこんでから更新するタイプです。

はてなブログと同じ感覚で記事を書いてアップロードしているのに、 WordPressではいっこうにインデックスされません。どう考えてもおかしい。

そこで2番目の原因、内部リンクを見直してみました。孤立しているページだとインデックスされにくいという事でしたので、すでにインデックス済みの記事から内部リンクを飛ばしました。

この状態で、サーチコンソールより、「URL検査」へと進み、検索窓にインデックスさせたい記事のULRを入力。もう一度インデックスを促しました。

 

そこから1週間後。インデックスされていなかったページが、少しずつインデックスされるようになりました。ただ、公開から半年経っている記事でも、順位はだいぶ下のほうです。

やはり、WordPressの新規サイトに対して、検索クローラーが“認知してくれる”には時間がかかるように感じます。当サイトは立ち上げ時に、更新頻度が高くありませんでした。

“サイト立ち上げ時に限っては、更新頻度が高いほうがいい”

そのことを再認識させられます。