使用期限切れで、「未開封」の目薬を使っても大丈夫?

使用期限が1年前や2年前の「未開封」の目薬を使っても大丈夫?未分類

まだ使えそうなのに、捨てるのはもったいない。そういった“もったいない精神”がはたらいて、保存食品や加工食品を捨てられない人がいます。

では、目薬の場合はどうでしょうか? 「未開封」だからと言って 、使用期限が1年前や2年前となっている目薬を使っても大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

目薬は腐る? 使用期限切れで、「未開封」の目薬を使っても大丈夫?

目薬の点眼瓶には、「2021.3」のように使用期限が記載されています。ただし、これは目薬を未開封の状態なら、その期限までもつ、という意味です。

では、防腐剤が入っている「未開封」の商品なら、1年前や2年前の使用期限の目薬を使っても大丈夫なのでしょうか?

そんなことはありません。

たとえば、市販の目薬によく配合されている、「塩化ベンザルコニウム」という防腐剤があります。塩化ベンザルコニウムはグラム陽性菌や真菌の繁殖を防いではくれますが、グラム陰性菌には有効ではありません。

つまり、防腐剤にも増殖を防げる菌とそうでない菌があるのです。ましてや、

  • 防腐剤が入っていない目薬
  • コンタクトの上からでも使える目薬

は使用期限が短めですので、期限切れのものは「未開封」であっても使用しない方が望ましいです。

防腐剤が入っているなら、開封後の目薬は「使用期限」まで使える?

では、防腐剤が入っている目薬なら、使用期限ギリギリまで使って大丈夫なのでしょうか?

これもNGです。

たとえば、ペットボトルの賞味期限が、「23.7.31」 のようにだいぶ先の日付けになっていたとします。しかし、いったん開封して飲みかけのジュースやお茶を、2~3日経ってから飲む人はいないでしょう。いったん口をつけてしまうと、ペットボトルの液体内にある雑菌は、24時間後には1,000倍になると言われています。

目薬も同様です。 いちどでも開封すると、容器内に空気が入りこみます。目薬を点けるときに差し口を指やまつ毛で触れてしまえば、それだけで容器内に雑菌が入りこむことになります。このため、防腐剤が入っている目薬で1か月、防腐剤が入っていない目薬なら10日間をめどに捨てたほうがよいでしょう。