【楽天市場】閲覧履歴が消えるのはなぜ?OFFに設定しているのに,履歴が表示されるのはどうして?

楽天で閲覧履歴が消えてしまう、OFFにしたのに閲覧履歴が表示される未分類

楽天市場では、画面上部の右側にある「閲覧履歴」をクリックすると、およそ90件の閲覧履歴を見ることができます。

楽天市場で閲覧履歴が消える、オフにしているのに表示される

このとき、「閲覧履歴の管理」という項目から【閲覧履歴表示をOFFにする】を選択すると、それまでの履歴が削除されます。

楽天市場、閲覧履歴をオフ

ただし、OFFにした覚えはないのに閲覧履歴が消えることや、逆にOFFにしたはずなのに閲覧履歴が残っていることがあります。どうしてでしょうか?

スポンサーリンク

【楽天市場】閲覧履歴が表示されないのは、商品情報の更新が関係していることも!

楽天に出品されている商品は、定期的に商品情報の更新がおこなわれています。お店側が販売価格、在庫数、配送方法などの商品データを上書きした場合、更新の処理が行われることがあります。

更新のタイミングによっては、利用者が閲覧履歴表示をOFFにしていなくても、「ページ閲覧履歴」が表示されないことがあるのです。

閲覧履歴が消えるのはなぜ?OFFに設定しているのに,履歴が表示されるのはどうして?

楽天市場で利用者がチェックした商品やショップの閲覧履歴は、

  • ログインした状態で見たとき
  • (シークレットモードなど)ログインしない状態で見たとき

それぞれ別々に管理されています。

ログイン済みの状態で商品を閲覧したときは、登録してある楽天のユーザーIDをもとに履歴が表示されます。【閲覧履歴表示をオフにする】/【【閲覧履歴表示をオンにする】の設定がそのまま保存されますので、OFFに設定していた場合は、過去の閲覧履歴は見ることができません。

いっぽう、Googleのシークレットモードを利用するなど、ログインしない状態で楽天のページに入った場合。この場合は楽天IDではなく、パソコンのブラウザに保存されているCookie(クッキー)の情報をもとに履歴が表示されます。

シークレットモードはフォームに入力した情報やCookieを保存しませんので、 設定を変えたこと自体が記録されていないことになります。この場合、 【閲覧履歴表示をオフに】したつもりでも、閲覧履歴は表示されることになります。