不潔?洗っているのにフケが出るのはカビのせい?

薄毛・フケ

肩に白いフケが落ちていると、「不潔!」「髪を洗ってないんじゃない?」と思われがちです。しかし、必ずしも不潔だからフケが出る訳ではありません。毎日髪を洗っているのに、フケが出ることもあるのです。

この記事では、フケができるメカニズムを解説し、病気やカビがフケの原因となることもご紹介します。

スポンサーリンク

フケとは新陳代謝ではがれた“角質”である

人間の皮膚にはターンオーバー(=細胞の生まれ変わり)機能が備わっており、通常は約28日周期で生まれ変わります。フケとは、この細胞の入れ替わる過程で、老化した角質がはがれ落ちるものです。角質がはがれ落ちること自体は、誰にでも起こる現象です。

しかし、何らかの原因でターンオーバーがうまくいってないと、角質は目立った大きさの“フケ”となってしまうのです。

フケの種類

フケには、大きくわけて2種類あります。

乾性のフケ・・・シャンプーのしすぎなどが原因

乾性のフケとは、白い粉状で細かく、サラサラとした質感のフケです。このタイプのフケができる原因には、

① 頭皮が乾燥している

② アトピー性皮膚炎などのアレルギー

が挙げられます。

頭皮だって肌の一部。肌を守るためにバリア機能の役割をはたしているのが、皮脂です。肌に合わないシャンプーを使っていたり、逆にシャンプーしすぎたりすると、本来必要なぶんの皮脂まで洗い流してしまいます。

これによって、ターンオーバーに乱れが生じ、目に見えるようなフケが発生してしまうのです。

脂性のフケ・・・皮脂の異常分泌などが原因

脂性(しせい)のフケとは、ひとつひとつが大きく、ベトベトした質感が特徴。このタイプのフケができる原因は、

① 皮脂の分泌が多い

② マラセチア菌

などが原因です。

カラダの中でも、頭皮と鼻のあたまは特に皮脂の分泌がさかんな場所です。もともと皮脂が多い体質だと、ベトベトのフケができやすくなります。

マラセチア菌は、誰もがもっている常在菌のひとつです。この菌は皮脂をエサにしています。なんらかの異常で皮脂が大量分泌されると、菌が出す脂肪酸によって、頭皮が炎症を起こしてしまうのです。

不潔ではない?洗っているのにフケが出るのは,カビが原因の可能性も

フケと似たような症状をもたらす病気もあります。これらの疑いがある人は、皮膚科に行かれることをおすすめします。

① 脂漏性皮膚炎

フケがぼろぼろ落ち、ひどいかゆみが収まらないときは、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の疑いがあります。頭皮だけでなく、鼻や耳の後ろなど皮脂の分泌が多い場所で起こる病気で、赤い吹き出物ができ、かゆみが持続します。

マラセチア菌というカビの菌が関係していることもあり、治療にはステロイド剤などの塗り薬を用います。生活サイクルの乱れや、食生活の偏り(肉中心、ビタミンB群の不足)などが原因と見られます。

② 乾癬(かんせん)

皮膚から盛り上がった赤い発疹(ほっしん)の上に、銀白色のフケのようなものができ、ぽろぽろとはがれ落ちてきます。

乾癬がおこった部分では、毛細血管が拡張して、皮膚が生まれ変わるサイクルが10倍近くも早まってしまいます。このため、増殖した細胞により皮膚があつく積み上がり、 鱗屑(りんせつ)と呼ばれるフケのような状態となってはがれ落ちるのです。