コラージュフルフルにフケを減らす効果はある?効かない人はどんなタイプ?

薄毛・フケ

フケや頭皮のかゆみ用のシャンプーとして有名なのが、『コラージュフルフル』です。この商品の利用によって、「フケやかゆみが改善された」という声も聞きます。

しかし、このシャンプーで効果を感じる人と、そうでない人がいます。どんな人に『コラージュフルフル』は効果的なのでしょうか?

『コラージュフルフル』が効果あるのは、脂漏性皮膚炎の人

まず、フケにはタイプがあります。そして、フケによく似た皮膚の病気もあります。シャンプーを選ぶ前に、ご自分のフケがどのタイプか知る必要があります。

フケには、いくつかの種類がある!

① 乾性(かんせい)のフケ・・・細かく、さらさらとした質感のフケ

② 脂性(しせい)のフケ・・・べっとりして、一つ一つが大きめのフケ

③ 脂漏性(しろうせい)皮膚炎・・・頭皮や髪の生え際などに慢性の炎症が起き、クリーム色のフケが出る。

④ 乾癬(かんせん)・・・ターンオーバーが早まり、皮膚が盛り上がってしまう病気。フケによく似たグレー色の垢(あか)が出る。

『コラージュフルフル』は、脂漏性皮膚炎を軽減するシャンプー

脂漏性皮膚炎(しろうせい ひふえん)は、頭皮や耳の後ろなど、皮脂が分泌されやすい場所で起こる炎症です。いくつかの原因が考えられます。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • シャンプーのすすぎ残し
  • 肌細胞の元となるたんぱく質やビタミンB2の不足
  • マラセチア菌(=カビの一種)の増殖

 

ヒトの細胞には、真菌(しんきん)というカビが住みついています。このカビが増えすぎると炎症を起こし、かゆみやフケにつながるのです。

『コラージュフルフル』には、「ミコナゾール硝酸塩」という抗真菌成分(=カビに対抗する成分)が含まれています。この「ミコナゾール硝酸塩」の殺菌作用で、脂漏性皮膚炎が軽減され、フケがおさまるというわけです。

 

『コラージュフルフル』には「うるおいなめらかタイプ」と「すっきりさらさらタイプ」がありますが、脂漏性皮膚炎の場合は「すっきりさらさらタイプ」がオススメです!!

コラージュフルフル ネクストシャンプー すっきりさらさらタイプ 400mL (医薬部外品)

  • 脂っぽいフケ ⇨ 「すっきりさらさら」
  • 乾いたフケ ⇨ 「うるおいなめらか」

カビが原因でなければ、効果は薄い?

ただし、脂漏性皮膚炎はカビ以外の原因でも起こります。食生活の乱れ、体質に合わないシャンプーなども発生の要因となるのです。

『コラージュフルフル』は、あくまでカビの増殖を抑えることに特化したシャンプーです。

カビが原因でない場合は、頭皮を清潔にすることがフケを減らす第一歩となります。

  • 皮脂分泌につながる油分・糖分を控え、たんぱく質とビタミンB2を摂る
  • 洗浄成分の強すぎるシャンプーを使わない

 

また、そもそも脂漏性皮膚炎ではなく、乾性のフケだった場合はまったく異なる対処が必要となります。パラパラ乾いたフケが出る場合は、頭皮が乾燥しすぎるのが原因。

この場合は、育毛シャンプーやホホバオイルなどを使用し、頭皮を保湿してあげることが大切となります。

フケにホホバオイルは効果あり?オリエンステラシャンプー03の口コミと使い方
“不潔だからフケが出る”と思われがちですが、そうとも限りません。わたし自身、原因不明のフケに悩まされたことがあります。フケに効くと聞いて、『コラージュフルフル』や『オクトシャンプー』を試しました。でも、効果を得られず。いろいろと調...

コラージュフルフルに副作用はないの? 合わないのはどんな人?

『コラージュフルフル』は有効成分「ミコナゾール硝酸塩」で、カビの繁殖を弱めます。

しかし、この成分のせいで肌が荒れるなど、副作用はないのでしょうか?

ニキビ肌の人には、合わないかも

わたしの職場では、ある年から規則が変わり、ヘルメットの着用が義務付けられました。すると、その数か月後、大量のフケに悩まされるようになります。そこで、フケ対策に『コラージュフルフルネクスト すっきりさらさらタイプ』を使用してみました。

使い心地は上々で、かゆみは和らぎました。

ところが! こめかみに、ぽつぽつとニキビが出来てしまったのです。

そこで、このシャンプーに使用されている成分について調べてみます。気になるのは、「 ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド 」という成分です。これは、界面活性剤(かいめんかっせいざい)という化学化合物です。

汚れを落とすのに優れた成分ですが、肌のバリア機能を弱める危険性があります。とくにニキビ肌でお悩みのかたは、使用には慎重になったほうが良いでしょう。

「ミコナゾール硝酸塩」の副作用は?

とはいえ、『コラージュフルフル』に含まれる「ミコナゾール硝酸塩」は、0.75%という低濃度。通常ならば肌に与える影響は少なく、問題となる分量ではありません。

ただし、まれにかゆみ・接触皮膚炎(=いわゆる、かぶれ)を発症してしまう人がいます。もともと湿疹やかぶれが出やすい肌質の人は、注意が必要です。

まとめ

シャンプーは化粧品と同じで、合う合わないがあります。『コラージュフルフル』の使用で逆にフケが増えた、よりかゆくなったという場合は、すぐに使用を控えるべき。

「肌質がシャンプーに合ってくるまで、使用すべき」という意見をときどき見かけますが、肌を痛めるだけです。

タイトルとURLをコピーしました