キレートレモンを飲むとニキビが治る?ビタミンCの美容効果の真実

キレートレモンでニキビは治る? ニキビ

レモン1個ぶんの果汁が凝縮された、キレートレモン。ビタミンCがたくさん入っていて、お肌に良さそうです。では、キレートレモンやデカビタCのようなレモン飲料を毎日飲んだら、ニキビは治るのでしょうか?

スポンサーリンク

キレートレモンの成分と栄養素

キレートレモンのレギュラータイプ、びん1本(155ml)あたりの栄養成分は次の通りです。

栄養成分表示(155mlあたり)
エネルギー 105.4cal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 26.6g
食塩相当量 0.23g
ビタミンC 1350mg
クエン酸 1350mg

※公式ページには、100mlあたりの栄養成分が記載されていますので、すべて1本(155ml)あたりの数値に計算しなおしています。

2015年に発表された『食事摂取基準』によれば、成人にとって1日に必要なビタミンCの量は100mgです。それを考えると、キレートレモンの1350mgは13倍以上の量だということになります。

ものすごい量です。だけど、多くの人は誤解しています。ビタミンCは多く摂ればよいものではありません。

1.ビタミンCは一度に大量にとっても意味がない!

飲食から摂るビタミンCは、1日に200mgまでは90%体内に吸収されます。しかし、それ以上摂っても吸収されにくくなります。1000mg摂った場合は、その吸収率は50%にまで下がります。

しかも、ビタミンCは体内に長く留めることができません。およそ2~3時間で、尿として体外へ排出さされます。つまり、一度に大量に摂っても、カラダはすべて吸収できるわけではないのです。

2.市販のジュースに含まれるビタミンCに、栄養価はほぼない

ビタミンCは、とてもデリケートな成分です。熱に弱く、水に溶けやすく、光にも弱い性質を持っています。

ビタミンCがたっぷり入った緑黄色野菜を調理する際は、さっと洗い、短時間で炒めることが推奨されています。水洗いするとビタミンCは流れてしまい、時間をかけて加熱してもビタミンCは失われてしまうからです。

市販のジュースは、安全のために加熱処理されています

市販の飲料水には、殺菌をするための規定があります。PH4.0未満のものは65℃で10分間以上加熱することが義務付けられてます。レモンに含まれていたビタミンCは、加工の過程でほとんど失われることになります。

3.酸化防止剤のビタミンCの目的は、風味を保つため

キレートレモンのビタミンCの美容効果
acworksさんによる写真ACからの写真

加熱処理しても、1350mgもビタミンCが入ってるじゃないか! そう思われるかたもいるでしょう。

キレートレモンの原材料を調べると、次のように記載されています。

原材料・・・レモン、砂糖、レモン果皮エキス、レモンペースト(果実、果肉)/ビタミンC、炭酸、香料

元々、レモンや緑茶には、ビタミンCがたくさん含まれているはず。なぜ、あとからビタミンCを付け足す必要があるのでしょうか?

市販のジュースには、一年近い賞味期限があります。腐らず、風味も落ちないのには理由があります。酸化防止剤を加えているからです。レモン飲料に記載されている「ビタミンC」とは多くの場合、この酸化防止剤をさします。

酸化防止剤としてのビタミンCは、化学的に分子の構造を変えた合成ビタミンです。美容効果・健康効果が期待できるのは、あくまで食品から直接摂取する天然ビタミンCのほうです。

自分でレモンをジューサーで搾って飲んだほうが、はるかにビタミンCの美容効果を期待できます。ジューサーにかけると、細胞壁に閉じこめられていた栄養素も摂取できるようになるからです。

4.大量に含まれている砂糖は、むしろニキビの原因となる!

ファストフードに使われている脂分が、アクネ菌の好む皮脂を増やして、ニキビの原因となることを知っている人は多いでしょう。しかし、同じように皮脂を増加させてしまうのが砂糖です。

キレートレモン155mlのビン1本に含まれている栄養成分を、もう一度確認してみましょう。

エネルギー・・・105.4cal

炭水化物・・・26.6g

ビタミンC・・・1350mg(=1.35g)

「炭水化物=糖質+食物繊維」なのですが、成分表には糖質と食物繊維の量が記載されていません、表示の義務がないからですね。でも、計算から糖質を求めることができます。

総カロリー量(cal)=タンパク質(g)×4+脂質(g)×9+糖質(g)×4

脂質、タンパク質は0gですので、

105.4=0 + 0 + 4x

x=26.35g

世界保健機関(WHO)が定めたところによると、1日の糖類の摂取量は、摂取カロリーの5%が望ましいと発表しています。これは、砂糖約25gに相当します。

キレートレモン1本で、すでに越えている計算です。毎日飲んで肌に良いなんて、とんでもない! むしろ、ニキビの原因を作っていることになります。

まとめ

・ビタミンCの栄養素は、加熱処理で失われてしまう。

・ジュースなどの加工食品に含まれるのは合成ビタミン。酸化を防ぐのが主目的であり、健康効果や美容効果は薄い。

・ジュースに含まれる大量の砂糖は、逆に肌荒れの原因となる。

キレートレモンはとても美味しいし、爽快な気分になれます。でも、ニキビに悩まされているなら控えるべきです。

ニキビ
スポンサーリンク
シェアする
からだの悩み改善.com