40代のあご・口周りにできる吹き出物の治し方と即効薬とは?

あごの吹き出物の治し方ニキビ

30代・40代になると、あごや口の周りに吹き出物(=大人ニキビ)ができるようになります。

この記事では、あごや口周りの吹き出物の原因をひも解き、治すために気をつけたいこと、即効薬についてご紹介します。

どうして、あごに吹き出物ができる?

10代・20代の「思春期ニキビ」は、おでこや鼻の周りにできます。これは、おでこや鼻に皮脂腺がたくさんあり、成長ホルモンによって皮脂がたくさん分泌されるからです。

大人になってからあごや口の周りにできる吹き出物は、原因が異なります。

あごや口の周りは、皮脂が多いのに乾燥しやすい!

あごは顔のなかでも、汗腺(かんせん)が少ない箇所。汗をかくことによって乾燥を防ぐのが難しい場所なんです。

逆に、皮脂腺は数多くあります。あごや口周りが乾燥すると、肌は水分不足を補うために皮脂をたくさん分泌します。この皮脂が毛穴につまることで、吹き出物ができてしまうのです。

あごや口の周りは、雑菌がつきやすい!

ハックション!

くしゃみをすれば、思わず口を抑えてしまいます。食べたあと、何気なく口元をぬぐったりします。男性だったら、ヒゲを剃るためあごにカミソリの刃を当てます。

あごや口周りは、雑菌が入りやすい場所なのです。

生理前や閉経にむけた女性ホルモンの減少も、影響大!

女性の場合、ホルモンバランスの乱れも関係します。

生理前になると、女性ホルモンのひとつ、プロゲステロンが増えます。プロゲステロンは皮脂の分泌を盛んにするので、ニキビができやすくなります。

また、40代を越えると、閉経にむけてエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少します。エストロゲンとは、女性の若々しさに影響するホルモンのこと。

しわやたるみを増えやすいのも、エストロゲンの減少が関係しています。

40代のあご・口周りの吹き出物に即効性がある薬は?

年齢によって体の免疫力が低下するのは、誰にでもあること。ここでは、治療薬や化粧水をいくつかご紹介します。

治療薬なら、イハダの『アクネキュアクリーム』

抗炎症成分「イブプロフェンピコノール」が毛穴のつまりを解消し、殺菌成分「 イソプロピルメチルフェノール 」がアクネ菌を殺菌します。

油分が少なめで弱酸性で低刺激なのも、ポイントです。

【第2類医薬品】イハダ アクネキュアクリーム 26G ※セルフメディケーション税制対象商品

化粧水なら、フタアミン『フタアミン in ローション』

弱酸性で、無香料の化粧水です。お化粧の下地として使えます。冬場など乾燥しやすい時期でも、長時間の“しっとり”をキープしてくれます。

見逃せないのが、エタノールを使用していないこと。敏感肌だと、エタノールのアルコール成分に反応してしまうことがありますが、そのリスクが抑えられます。

ムサシノ製薬 フタアミンhiローション 120ml

【食生活とスキンケアの見直し】あごや口周りの吹き出物を抑えるために

あごニキビに豆乳が効く

30代・40代と年齢が進むにつれ、ホルモンバランスが変わり、体内で分泌される成分も変わってきます。生活習慣やスキンケアで気をつけたいポイントをまとめます。

まずは食生活から! ビタミンB2、大豆イソフラボンを摂ろう!

栄養バランスのとれた食事で、吹き出物ができにくい肌をめざします。積極的に食べたいのが、たんぱく質。新しい肌細胞のもととなる栄養素で、卵や豚肉などに多く含まれます。

また、 30代・40代になると、体内の酵素が減ってゆきます。

酵素はストレスや細菌に抵抗するために欠かせない成分で、これがなくなると免疫力が弱まってゆきます。そこで、酵素のたくさん含まれる食品を摂ります。生の野菜や魚、発酵食品(みそや納豆)などです。

生理に悩む女性におすすめしたいのが、大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモン・ エストロゲンとよく似た化学構造をもっています。髪・肌のツヤやハリをキープしてくれます。豆腐や豆乳にふくまれています。

スキンケアのポイントは、洗い過ぎず、保湿はしっかり!

人間のカラダは、表皮の脂分(あぶらぶん)と水分をちょうどよい状態に保とうとします。脂分と水分がうすい膜を作り、バリアとなって、刺激や乾燥からお肌を守ってくれるのです。

皮脂は残し過ぎると“酸化”して肌トラブルの原因となりますが、落とし過ぎてもNGなのです。

洗顔で皮脂を落とし過ぎる ⇨ 肌を乾燥から守らなきゃ! ⇨ 皮脂を分泌 ⇨ 新たなニキビ

肌をゴシゴシこするような洗顔をしていると、保水力のある角質細胞も落としてしまいます。洗顔の際は、洗い過ぎないように心がけてください。

まとめ

・あごや口の周りにできる吹き出物は、乾燥やホルモンバランスの乱れが原因である

・ビタミンB2や発酵食品、豆腐や豆乳を食べよう

・スキンケアは洗い過ぎず保湿はしっかり

タイトルとURLをコピーしました