スポンサーリンク

糖質制限の弊害!肌荒れや抜け毛、便秘の原因となる?

糖質制限の弊害!肌荒れや抜け毛、便秘の原因となる? ダイエット

炭水化物を抜くことで、気軽にできる糖質ダイエット。体重が落ちるので、成功したと思いがちです。しかし、肌荒れ・抜け毛・便秘になってしまったという声もよく聞きます。糖質ダイエットにはデメリットはないのでしょうか?

糖質制限で減っているのは脂肪ではない!水分だ!

ご飯を抜き、糖質を制限すると、確かに体重は減ります。ここで問題なのは、何が減ったかです。実は糖質制限ダイエットをしても、ほとんど脂肪は減りません。減るのは水分です。

ご飯のように精白された炭水化物を摂ると、体の中や細胞内に水分が蓄えられます。炭水化物を制限するとカラダは自然と水分を排出するので、体重が減るのです。体内の水分が減りすぎるのは、決して良いことではありません。

糖質制限の弊害!筋肉が削られ、太りやすい体質に!

そもそも、糖質にはどんな役割があるのでしょうか?

糖質は、脳や筋肉を動かすエネルギー源です。体内に取りこまれた糖質が分解・吸収されると、ブドウ糖に変換されます。ブドウ糖がないと、脳が働くことができません。ブドウ糖をどこかから調達しなければなりません。

そこで人間の身体は、肝臓や筋肉に貯蔵されているグリコーゲンを分解し、ブドウ糖を作り出そうとします。グリコーゲンは水分と結合した状態で蓄えられているため、分解時に水分が出ます。水分はそのまま体外へ排出されます。これが、糖質制限で体重が減るメカニズムです。

肌荒れ・抜け毛になるのは、糖質の代用としてタンパク質が使われるから

糖質の代替エネルギーとしてタンパク質が使われると、肌荒れ・抜け毛になる

ブドウ糖は脳だけでなく、中枢神経や筋肉を動かすためにも必要です。もし、肝臓にあるグリコーゲンを使い切ってしまったら・・・今度は、筋肉自身を分解してエネルギー源を確保しようとします。

登山やマラソンなどハードなスポーツを行なうと、はげしく筋肉が痛むことがあります。あれは、エネルギーとなる糖質が不足したため、筋肉中のタンパク質で代用しているのです。

しかし、タンパク質は本来、筋肉や内臓、皮膚髪の毛、歯、骨などの成分のもととなる栄養素。このため、皮膚や髪の毛まで必要なタンパク質がまわらなくなり、肌荒れや抜け毛につながってしまうのです。

そもそも筋肉が減ると、基礎代謝量(=カラダが勝手にエネルギーを消費する量)も落ちてしまいます。つまり、痩せにくいカラダになってしまうのです。

便秘になるのは、食物繊維が不足してしまうから!

ご飯など炭水化物は、糖質と食物繊維からできています。炭水化物を摂らないということは、単純にそのぶんの食物繊維も不足してしまうことになります。

食物繊維は胃や腸で吸収されずに、小腸を通って大腸まで達する成分です。腸を刺激してぜん動運動を活発にし、便通をよくしてくれます。

また、血糖値の上昇を抑制する効果もあります。ご飯を食べると血糖値が上がりやすいというイメージがあるかもしれませんが、もともと食物繊維を含んでいますから、急激に血糖値が上がることはありません。ご飯といっしょに食物繊維の多い納豆やキャベツ、きのこ類・海藻類などを食べれば、十分にバランスは取れます。

糖質の代わりにタンパク質・脂肪酸が使われるのは、デメリット多し!

エネルギー源として糖質が不足している場合、中性脂肪を分解し、脂肪酸をエネルギー源とすることもあります。このとき、副産物としてケトン体という物質が生成されます。このケトン体が血液中にたまると、汗や尿として体外に排出されるときに酸っぱいニオイを放ちます。

これが、口臭体臭となる場合があります。

本来、糖質は脳や身体を動かすのに燃費の良い燃料です。 糖質が足りない場合、代替エネルギーとして使われるタンパク質や脂肪酸は、エネルギー効率の悪い燃料なのです。だから糖質制限を行なうと、イライラしたり不眠になってしまうのです。

それだけではありません。炭水化物不足により、体内だけでなく血中の水分も少なくなれば、血管が詰まりやすくなります。肌荒れや抜け毛だけで済んでいるなら、まだマシ。糖質制限を長く続ければ、脳卒中や心筋梗塞のリスクも増えかねません。

減量だけが目的になってはダメです。「痩せること = 健康上のリスクを減らすこと」でなければ、意味がありません。

まとめ

ご飯は抜くべきではありません。昔の日本の食卓を思い出してください。ぶくぶく太った人がいたでしょうか? 肥満はご飯が原因ではなく、西洋的な食生活が原因です。

ご飯はエネルギー効率がよい(=脂質の割合が低い)ので、むしろしっかり食べたほうが燃えやすい身体を作ってくれます。体に対する悪影響が多い白砂糖・小麦粉製品を抜いたほうが、よっぽど健康的に痩せることができます。

ダイエット
スポンサーリンク
シェアする
からだの悩み改善.com