ビーグレン Cセラムの成分は?肌荒れとなったり赤みが出てくる原因とは?

ニキビ

ビーグレンの『Cセラム』は、ニキビ跡の色むらや毛穴の引き締めが期待できる美容液です。ただし、『Cセラム』を使って、「赤みが出た」「逆に肌が荒れた」という感想を述べる人もいます。

ビーグレンの『Cセラム』は、どんな成分でできているのか? どのような肌質だと、合わない可能性があるのか調べて見ました。

スポンサーリンク

“ビタミンC誘導体”とは違うの? ビーグレンの『Cセラム』の有効成分は?

ビタミンC(化学名:L-アスコルビン酸)は、ニキビ跡の色素沈着を防止したり、活性酸素を除去するはたらきが期待できる成分です。

ただし、ビタミンCは熱や酸化に弱く、肌の奥まで届けるのが大変です。

そこで、体内酵素と混じったときに初めてビタミンCへと変化するように、ビタミンCになる前の成分を配合しておく・・・これが「ビタミンC誘導体」です。

 

『Cセラム』の場合、ビタミンCをナノカプセルに包み込む、“リポソーム化”という技術を使っています。広い意味では、「ビタミンC誘導体」の一種ということになります。

 

ビーグレンの美容液『Cセラム』の有効成分は?

肌の悩み 成分名 肌への安全性
保湿 PG(プロピレングリコール)
抗炎症、老化防止 アスコルビン酸
しみ、しわを防ぐ レシチン

PG(プロピレングリコール)は、化学合成された保湿成分です。水やアルコールに溶けやすいのが特徴で、グラム陰性菌に対する抗菌効果もあります。

そのいっぽうで、肌に対する刺激性もあります。また、経皮水分蒸発量(=体内の水分が外へにげてゆく数値)が増えて乾燥する可能性もあります。

アスコルビン酸はビタミンCのこと。

メラニンの生成を抑えたり、ニキビ跡の色素沈着を防いたり、皮脂の分泌量をコントロールするはたらきが期待できます。

\ 公式サイトはこちら!/

ただし、皮脂には肌のうるおいを保つという機能もあります。『Cセラム』をつけ過ぎると、皮脂を減らしすぎて、逆に乾燥することも起こり得ます

ビーグレン Cセラムの成分は?肌荒れとなったり赤みが出てくる原因とは?

肌に対する有効成分だけでは、美容液は作れません。成分どうしを混ぜたり、粘り気を調整するための成分も必要です。

ビーグレンの美容液『Cセラム』、他にどんな成分が含まれている?

使用の目的 成分名 肌への安全性
増粘(粘り気を調整) ポリアクリルアミド
液体に溶かす (C13,14)イソパラフィン
乳化(成分を混ぜる) ラウレス-7

この中で気になるのが、「ラウレス-7」が使用されていることです。

「ラウレス-7」は、別名でポリオキシエチレンラウリルエーテルとも呼ばれています。いわゆる界面活性剤(かいめんかっせいざい)の一種です。

界面活性剤は、美肌菌のすみかである角質層を破壊してしまうことがあります。また、界面活性剤の中には殺菌作用を持つものもあり、肌にとってよい菌まで死んでしまう恐れがあります。

 

ただし、界面活性剤にも種類があり、肌への刺激性が強いものと影響が少ないものがあります。

<界面活性剤の種類と、肌への刺激性>

  • 陽イオン界面活性剤(殺菌)・・・✕
  • 陰イオン界面活性剤(洗浄)・・・△
  • 両性イオン界面活性剤(柔軟剤)・・・〇
  • 非イオン(ノニオン)界面活性剤(乳化)・・・〇

ビーグレンの『Cセラム』に使われている「ラウレス-7」は、非イオン(ノニオン)界面活性剤。水に溶けにくい成分どうしを混じり合わせるため(=乳化)に使われています。

美容成分として配合されているレシチンには、界面活性剤を弱めるはたらきもあります。ですので、『Cセラム』の界面活性剤は、肌への影響は最小限に抑えられていえるでしょう。

まとめ

b.glenの『Cセラム』には、アスコルビン酸(ビタミンC)やレシチンが配合されており、皮脂量を抑制したりしみ・しわを軽減するはたらきが期待できます。

ただし、保湿成分のPG(プロピレングリコール)には、わずかながら肌への刺激性もあります。敏感肌・高齢で乾燥肌の人で、逆に肌荒れとなった人は使用を控えたほうがよいでしょう。