プロアクティブで肌荒れが悪化する?中高生にスクラブ洗顔をおすすめしない理由とは?

ニキビ

CMでもおなじみのニキビ化粧品、「プロアクティブ」。殺菌力が高いのがウリで、お使いのかたも多いのではないでしょうか?

しかし、中学生や高校生が角質を落とすことを目的とした“スクラブ洗顔”を使うことは、あまりおすすめしません。

プロアクティブの洗顔フォーム「スキン スムージング クレンザー」の成分は?

プロアクティブの洗顔料「スキン スムージング クレンザー」に配合されている、おもな成分と効果です。

成分名 効果 デメリット
サリチル酸 古い角質を取り除く 肌のバリア機能を弱める
ユキノシタエキス 抗菌作用、バリア改善作用
ブドウエキス 皮膚内のヒアルロン酸・コラーゲンの分解を抑える
クワエキス 紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐ
オウゴンエキス 炎症を軽減する
リノール酸 メラニンの生成を抑える
ヒアルロン酸ナトリウム 角質層の水分をキープする
濃グリセリン 肌の水分を保持する アレルギー反応を示す場合がある
グリコール酸 炎症をおさえ、肌をなめらかにする 角質をはがし、バリア機能を弱める

主成分として配合されているのが、サリチル酸です。サリチル酸は、ピーリングジェルにも含まれる成分で、古い角質を溶かしてやわらかくし、角栓を除去してくれます。

しかし、角質というのは、本来は肌の水分をキープする「保湿機能」とウィルスなど外部からの刺激から肌を守る「バリア機能」をもっています。

プロアクティブで肌荒れが悪化する?「古い角質=落とすべき」は間違い! バリア機能を壊している!!

「古い角質ははがしたほうがいい」という、間違った知識が広まっています。けれど、角質はどんな美容成分よりも優秀な「バリア」です。

肌細胞が入れ替わる周期(=ターンオーバー)を見てみましょう。

表皮にある「基底層」では、日々、新しい肌細胞が生まれています。

表皮細胞はおよそ14日かけて角質層のすぐ下までたどり着き、そこで死にます。しかし、皮膚の細胞は死んでからも「角質細胞」となって、お肌の水分をキープするため役立ってくれます。

やがて、さらに上まで押し上げられ、乾燥や外部刺激からお肌を守る“バリア”として働いたあと、角質細胞は自然にはがれてゆきます。

すると、はがれ落ちた角質細胞を補充するように、新しい皮膚細胞が基底層から誕生します。このサイクルが、いわゆる「ターンオーバー」です。

 

みなさんが必死にはがそうとしている古い角質。実は、はがれる落ちる直前こそ、もっとも保湿に役に立っているのです。

では、古い角質をはがし過ぎると、どうなるでしょう?

「バリア機能が」がじゅうぶんに備わっていない“未熟な”角質細胞が、外界にさらされることになります。すると、ちょっとした外部刺激にも反応してしまい、肌荒れが悪化するのです。

【まだ使ってるの?】ピーリングはニキビを悪化させる? ジェルも石鹸も効果なし?
肌の古い角質をはがし、新しい角質を取り戻そうとうする『ピーリング』。クリニックで行なわれる『ケミカルピーリング』や、自宅でケアできる石けんやジェルによる『マイルドピーリング』に興味を持つ人もいるかもしれません。しかし、ピー...

ニキビケアによくない? 中高生にスクラブ洗顔をおすすめしない理由とは?

細かい粒子を使って、ふだんの洗顔では落としきれない汚れや角質を取り除く洗顔を、「スクラブ洗顔」と呼びます。

このスクラブ洗顔を、若い頃から毎日やるのは止めましょう。肌を守ってくれる角質をはがしていることになり、お肌のバリア機能を壊してしまうからです。

 

そもそも、10代の頃にできる「思春期ニキビ」は、、ホルモンバランスの変化が原因。ホルモンバランスは20代になると安定するので、ニキビも自然と減ります。

【中高生向け】ニキビを悪化させる食事とは?

ところが、中高生の頃からスクラブ洗顔をやり過ぎると、肌のバリア機能を弱体化させます。すると、細菌や紫外線に弱くなり、ちょっとしたこと肌が荒れやすくなるのです。

 

なお、プロアクティブの「スキン スムージング クレンザー」には、ユキノシタエキスが配合されています。この成分には、弱まったバリア機能を改善するはたらきがあります。

とはいえ、毎日このような洗顔料を使えば、角質をはがし過ぎることに変わりありません。

 

もし、ニキビが顔いっぱいにできて困ったら、まずは皮膚科に行って診てもらってください。現在は、「ディフェリンゲル」など、わたしの若い頃にはなかった有効な薬を処方してもらえます。ちょっとだけ勇気を出して、皮膚科に相談してみてください。

食べ物もものすごく大事です。砂糖やパン食(小麦粉由来)をやめ、できるだけ和食にしましょう。和食のほうが、ビタミン類・食物繊維・水分など、肌に好循環をもたらす栄養をバランスよく摂取できるからです。

タイトルとURLをコピーしました