『アクレケア』はクレーターにも効果ある?「卵殻膜」美容液の口コミ・感想は?

ニキビ

ニキビがおさまっても、赤みや凸凹が残ってしまうと、治すのは大変。私もこめかみや頬に頬にニキビ跡があり、高価な美容液を試してきました。

ニキビ跡を何とかしたいけど、美容クリニックで何十万もかける余裕はない。そんな人に試してもらいたいのが、総健美舎の『アクレケア』です。

スポンサーリンク

『アクレケア』の有効成分は?「卵殻膜」の作用とは?

美白美容液『薬用アクレケア』に配合されている、おもな成分と効果です。

成分名 効果 安全性
アルブチン メラニン色素を抑え、美白効果がある
グリチルリチン酸2K 炎症をやわらげ、新しいニキビを予防する
加水分解卵殻膜 毛穴の開きやキズを修復する
カムカムエキス 肌のキメを整え、ぷるぷるした状態に導く
ヒアルロン酸Na-2 角質層の水分をキープする
1,2-ペンタンジオール 細菌の繁殖をふせぐ、防腐効果
濃グリセリン 肌のうるおいをサポートする

この中で、ニキビケア美容液にはめずらしい成分があります。

ひとつは、加水分解卵殻膜

卵殻膜(らんかくまく)とは、卵のカラの内側にある、うすい膜のこと。産み落とされた卵が、外敵からヒナを守って、誕生まで導いてくれるのは、この卵殻膜のおかげです。

卵殻膜には、肌のターンオーバーと密接に関わる美肌成分・シスチンが多く含まれています。しかも、卵殻膜は、ヒアルロン酸・コラーゲンといった人の肌に近い成分も含まれており、肌なじみがよいというメリットもあります。

卵アレルギーを持つ人は使用には注意が必要ですが、それ以外の人は副作用の心配もほとんどありません。

 

もうひとつが、カムカムエキス

カムカムは、アマゾンの天然の果実で、ビタミンCの含有量がもっとも高い“スーパーフルーツ”のことです。

ビタミンCでもっとも注目したいのが、抗酸化作用(こうさんかさよう)です。肌の老化を早め、細胞を傷つけてしまう活性酸素を抑制するはたらきがあります。

『薬用アクレケア』は、他のニキビ美容液に比べて、肌への刺激が少ないのが最大の特徴です。防腐剤のバラベンも、角質を溶かしてしまうサリチル酸も含まれてません。

このため、ビーグレンのCセラムのような、刺激のあるビタミンC誘導体を断念していた人にもおすすめ!

デコボコ肌用美容液 薬用アクレケア

『アクレケア』はクレーターにも効果ある?口コミ・感想は?

20代・普通肌
20代・普通肌

いちど使用をやめ、他のニキビ化粧品を試しましたが、悪化するばかり。再びアクレケアを使うとニキビは引き、痕も薄くなってきました。

20代・混合肌
20代・混合肌

3本ほど使ってみましたが、クレーターには効果を感じませんでした。目元や薄いほうれい線には効いてるみたいです

40代・脂性肌
40代・脂性肌

思春期の頃にヒゲ剃りでニキビを潰してしまい、痕ができました。大人になってもヒゲ剃りのたびに肌を傷めてきましたが、アクレケアを使うようになって肌を傷めることが減りました

40代・混合肌
40代・混合肌

毛穴やニキビ跡が気になって使用しました。とろりとして伸びが良く、ぬった直後はしっとり。だんだんとキメが整ってきます

アクレケアに含まれている卵殻膜は、線維芽(せんいが)細胞に働きかけ、コラーゲン生成を促してくれます。また、カムカムエキスには肌の補修作用があり、凸凹をなめらかにする効果が期待できます。

ただし、ターンオーバーで肌細胞が入れ替わるのは、若い人で28日周期。40代だと55日かかります。つまり、じっくり使い続けて、少しずつ凸凹を目立ちにくくするという美容液です。

深すぎるクレーターだと効果を実感しにくいですし、短期間でニキビがキレイになる美容液でもありません。乾燥肌や敏感肌のかたが肌を傷めないように、ゆっくり凸凹肌を改善してゆくのにおすすめです。

 

\ 公式サイトはこちら!/