販売終了?「うぐいすのふん」は通販で買える?なぜ,ニキビ洗顔に使われるのか?

ニキビ

私のおばあちゃん世代の人たちは、「うぐいすのふん」をお顔につけていました。

美容文化社の「うぐいすの粉(ふん)」は、「お肌のキメを細かくしてくれる、お肌のくすみを取ってくれる」として、知る人ぞ知る洗顔パウダーでした。

ただ、販売終了してしまったという噂があります。いまでも、「うぐいすの粉」は通販で購入できるのでしょうか?

スポンサーリンク

販売終了?美容文化社「うぐいすのふん」は,Amazonや楽天で買える?

美容文化社の「うぐいすの粉」を通販で購入できるのか? Amazonや楽天など、大手の通販サイトを探してみました。

ご覧のように、Amazonでは「この商品は在庫切れになっています」「現在お取り扱いできません」と表示されます(2021年9月26日調べ)。

出典:Amazon.co.jp

同じように、楽天市場やヤフーショッピングでも検索してみましたが、やはり取り扱っていませんでした。

そこで、販売元の【美容文化社】のホームページを調べてみます。ホームページでは販売している商品が紹介されていますが、この中に「うぐいすの粉」はありません。

                          出典:http://biyoubunkasha.info/

うぐいすの糞(ふん)から洗顔料を製造するためには、うぐいすを大量飼育する必要があります。

しかし、日本では鳥獣保護の法律があるため飼育できません。また、海外でも野生動物の取り引きを規制するワシントン条約ができたため、製造が難しくなりました。これが、「うぐいすの粉(ふん)」の販売終了の理由です。

なぜ、ウグイスのふんがニキビ洗顔に使われたのか?

うぐいすの糞(ふん)には、尿素(にょうそ)グアニンが含まれています。

尿素は、もともと人間の角質細胞の中に含まれる成分。肌の中に水分をたくわえ、皮脂と混ざることでバリアの膜を作ってくれます。

グアニンは、RNA(=リボ核酸)を構成する基本成分のひとつ。グアニンには脱色作用があります。グアニンは美白酵素が含まれており、皮脂に作用するとシミを消す効果が期待できます。

 

通常は有効成分があっても、生物の中で消化されてゆくうちにその効果は弱まってゆきます。栄養素として、生物のカラダに取りこまれてゆくからです。

ただ、うぐいすは別。腸が短いため、うぐいすのふんには尿素グアニンが高濃度を保ったまま残っているのです。

これが、うぐいすのふんがニキビ洗顔に用いられた理由です。

日本では、平安時代から洗顔料として使われてきました。江戸時代の芸者さんはおしろいを落とし、肌のくすみを取るために、「うぐいすのふん」を使っていたのです。

「うぐいすの粉」の代替商品は? 作用が近いのは,生活の木の「モンモリロナイト」

お肌の汚れを上手に吸着し、美白作用もあるという意味で、「うぐいすの粉」に近いのが、生活の木が販売している「モンモリロナイト」という商品です。

これは、火山の土壌から作り出された洗顔パウダーです。主成分はスメクタイトという粘土鉱物。

スメクタイトには、マグネシウムイオンが含まれています。マグネシウムイオンには、コラーゲンの生成を促し、血管のはたらきを活発化させる2つの作用があります。血管が活発に動けば、肌は弾力やハリを取り戻します。

毛穴や皮膚の汚れを取りのぞいて、水分を保ってくれます。脂性肌、普通肌の人におすすめ。

ただし、低刺激といっても、敏感肌や乾燥肌の人が使うと、お肌がつっぱってしまうこともあります。また、クレイパックとして使うこともできますが、パックは必要なぶんの角質まで剥がしてしまうことがあります。パックは週に1回までに留めておきましょう。

ニキビ
スポンサーリンク
シェアする
からだの悩み改善.com