リプロスキンの口コミ!凸凹への効果が薄くても使い続ける理由とは?

化粧水ニキビ

私は、“ニキビ跡専用化粧水”というキャッチコピーにひかれて、『リプロスキン』を購入しました。残念ながら、単体ではクレーターを治す効果を感じられませんでした。それでも、約2年ちかくこの商品を使い続けてします。使い方を変えてみたら、効果を感じられたからです。

この記事では、『リプロスキン』の口コミや評価をまとめた上で、効果的な使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

賛否両論!Amazonやアットコスメで見る『リプロスキン』の評価とは?

実際に商品を購入した方々の、カスタマー評価を調べてみました。

『リプロスキン』Amazonの口コミ!平均評価は★3.1

2019年11月時点で、『リプロスキン』のAmazonでのカスタマー評価の平均は、☆3.1です(星5つが満点)。

「効く」という意見

・ほおやあごのニキビ跡がひどかったのですが、ニキビ跡が薄くなり、肌質も良くなってきました。

・中学の女子です。いままでニキビとニキビ跡で顔中が真っ赤でしたが、徐々に赤みがなくなってきました。

「効かない」という意見

・ニキビは少し減ってきました。ニキビ跡は薄くなってません。

・ 私には合わなかったようで、小さいニキビから大きいニキビまで、余計ひどくなりました。

・リプロスキンが効果を発揮するのは、肌の表皮。クレーターは真皮が破壊されて凹んでいる状態なので、クレーターが目立ちにくい状態は作れても、完治は難しいかと・・・

『リプロスキン』アットコスメの口コミ!平均評価は、★4.1

2019年11月時点での、『リプロスキン』のアットコスメの平均評価は、☆4.1。アットコスメは、星7つが満点ですので、平均より少し上という評価です。

「効く」という意見

使い続けて1か月ぐらいで肌が前より柔らかくなったと感じるようになり、凸凹だったニキビ跡も薄くなったような気がします。

「効かない」という意見

・たいして効果はありませんでした。値段も高かったのに残念。

・4か月ほど使用しました。香りがよくて浸透力もあったのですが、肝心のクレーターには効果はありませんでした。

重度のクレーターに悩む、わたしの評価

わたし自身、こめかみや頬にクレーターが残っています。波打つような状態で、クレーターでもかなり重度の症状です。そんなわたしが、『リプロスキン』単独でのニキビ跡への効果を採点すると・・・

  • 赤み・・・〇
  • 茶色いしみ・・・△
  • クレーター・・・✕

『リプロスキン』には、ニキビをできにくくする作用や、新しくできたニキビの炎症を抑える作用はあると思います。ただ、はっきりいって、クレーターに直接的な効果があるとは思えません。

それでも、この商品を使っています。それはなぜか?

リプロスキンの効果的な使い方は?ブースター化粧水として併用をおすすめする理由とは?

真皮(=肌のず~っと奥の部分)が傷ついた凸凹型のクレーターを完全に治すことは、現在の技術では難しいと思います。

特にセルフケアで改善しようと思うと、食生活の改善・洗顔後の保湿をじゅうぶんに行ないながら、ターンオーバーで少しずつ肌が入れ替わるのを待つ必要があります。

ビタミンC美容液が、真皮に届かない理由

唯一、傷ついた真皮に外部から働きかけることができるのが、高濃度のビタミンC美容液です。代表的なのが、ビーグレンの『Cセラム』です。

ただし、ビタミンCはニキビ跡に有効なものの、極めて不安定な物質です。市販されているビタミンC誘導体の多くは、そもそも肌の奥には届きづらいという欠点があります。

凸凹のニキビ跡に、ビタミンC誘導体の美容液は効きづらい?
最近は、ニキビ跡用の美容液やクリームも販売されるようになりました。高価なレーザー治療やピーリング治療に頼らず、セルフケアでニキビ跡を改善しようと考えている方には好ましい傾向です。しかし、これらの美容液やクリーム、本当に効果があるの...

ビーグレンの『Cセラム』は、QuSomeという独自技術でビタミンCをカプセルで守りながら、肌の奥まで届けます。

ただ、ニキビ跡の凸凹があまりに酷いと、この技術をもってしても、ビタミンCを真皮に届けることができません。傷ついた肌の一部が盛り上がってしまい、角質の山を築いているからです。

でこぼこな角質層はバリヤーとなって、肌の奥へ進もうとするビタミンC美容液をはじき返してしまいます。

効果的な使い方!『リプロスキン』をブースターとして併用、美容液の浸透をアシスト!

人間にはもともと、乾燥から肌を守るため、皮脂という天然の保湿成分があります。

(⇦ 皮脂は過剰にあるとニキビの原因となりますが、適量だと保湿に働いてくれます)

皮脂は、油溶性。通常ならば、水溶性である美容液をはじいてしまいます。美容液を肌の奥に届けるためには、第一の壁(油の性質)⇨第二の壁(水の性質)という、まったく正反対の属性のバリヤーをくぐり抜けなくてはならないのです。だから、ほとんどのニキビ化粧品は、軽度のニキビ跡にしか効かないのです。

『リプロスキン』は、水と油、両方の性質をもった保湿油です。つまり、水と油、両方に溶ける性質があるのです。このため、水にも油にもなじみやすく、本来なら肌に届きにくい美容液の有効成分を真皮まで届けるサポートをしてくれるのです。

そこで、『リプロスキン』をブースター化粧水として使ってみました。つまり、届きにくいビタミンC美容液を、リプロスキンの浸透力でサポートしてもらう作戦です。

洗顔後。はじめに『リプロスキン』で、肌をやわらかくし、角質層に美容液が通れるすき間を作ります。そのあとで、『Cセラム』を手のひらでじんわり温めながら、肌の奥に浸透させてゆくのです。単品で使うのではなく、二段構えで角質の壁を突破するのです。

【医薬部外品】ニキビ ケア 化粧水 リプロスキン evo1 ローション 100mL (旧商品)

『Cセラム』以外でもビタミンC誘導体の美容液をお持ちのかたは、一度リプロスキンとの“併用”を試してみてください。

ニキビ
スポンサーリンク
シェアする
からだの悩み改善.com