スイカで美肌?トマトよりリコピンの含有量が多い?

ニキビ

トマトの色素成分であるリコピンは、高い美容効果があることで知られています。そんなトマトよりリコピンの含有量が高い野菜があります。スイカです。

この記事では、スイカの成分と効能についてお伝えします。

スポンサーリンク

スイカで美肌?リコピンの含有量は、トマト以上!

甘くておいしいスイカ。その92%は水分。栄養なんて、ほとんどないように感じてしまいます。

しかし、意外にも美肌にうれしい成分が豊富に含まれています。

 

特に注目したいのがリコピンです。

リコピンは、トマトの赤い色素成分。強い抗酸化作用があり、シミやシワのもとになる活性酸素をおさえる働きがあります。リコピンを含む食品は少なく、トマトの他には、グレープフルーツ、柿など、一部の果物にとどまっています。

スイカのリコピンはこの中でも含有量が多く、トマトの約1.4倍も含まれています。

むくみの解消やアンチエイジングも期待? スイカに含まれる美容成分は?

スイカには、リコピンの他にも有効な栄養成分が含まれています。

塩分の摂り過ぎを解消・・・カリウム

人間のカラダは、ナトリウム(塩)とカリウムのバランスを取って、血圧や水分量を調節しています。

ところが、塩分を摂りすぎると、血液中の塩分濃度が高くなります。高血圧の状態が長く続くと、血管の病気を招くことがあります。

カリウムを摂ることによって、ナトリウムを汗や尿として体外へ排出することができます。

 

むくみを解消&アンチエイジングにも期待?・・・L-シトルリン

そもそも「むくみ」とは、細胞の中の水分がふだんより多い状態のときに起こります。また、下半身のむくみは、血の流れが悪くなると引き起こされます。

スイカに含まれているL-シトルリンには、血管を拡張して、血液の流れを良くする作用があります。血のめぐりが良くなれば、「むくみ」や「冷え性」といった症状の改善が期待できます。

 

また、まだ研究段階ですが、L-シトルリンにはコラーゲンを保護する働きがある、と言われています。お肌の弾力をキープするコラーゲンですが、紫外線を浴びすぎると、コラーゲンが分解されます。

L-シトルリンには、コラーゲン分解を抑制する効果が期待されるのです。

L-シトルリンは、特にスイカの皮にたくさん含まれています。

肌荒れを予防・・・βカロテン

β(ベータ)カロテンは、緑黄色野菜に含まれている色素成分のこと。体内ではビタミンAに変換され、新陳代謝を促し、皮膚や粘膜の健康をまもってくれます。

欠点は脂溶性ビタミンであること?スイカのリコピンやβカロテンをうまく摂るには?

スイカにはトマトの1.4倍ものリコピンが含まれていますが、効果的に摂取するのは大変です。

まず、スイカの旬は夏です。秋冬スイカもありますが、スーパーで1年を通して売っている訳ではありません。

また、リコピンとβカロテンは脂溶性(しようせい)ビタミンです。脂溶性ビタミンとは、水に溶けにくく油に溶けやすいビタミン全般を指します。

つまり、オリーブオイルをかけたり、油で炒めたりしたほうが吸収率が高まるのです。トマトを煮たり炒めたりする調理法はたくさんありますが、スイカはそのまま食べるのが一般的。

 

また、実はスイカの種にも栄養素が含まれています。

特に見逃せないのが、リノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は肌との親和性にすぐれ、肌の水分をキープしてくれる作用があります。

とはいえ、生のスイカの種は食べづらい。

そこでおすすめなのが、スイカの栄養素を抽出したサプリメントを服用する方法。アイシー製薬の「スイカプラス」には、リコピンやL-シトルリンだけでなく、スイカの種から抽出した不飽和脂肪酸も含まれています。