40代男性の吹き出物の原因は?スキンケアより腸活すべし!

40代の吹き出物の原因は腸内環境ニキビ

男性も40代を過ぎると、急に肌が荒れるようになります。これまで経験したことのない肌荒れにビックリして、効果もわからず化粧水やクレンジングを購入する人も多いでしょう。

しかし、肌の仕組みを知らないまま異物をつけるようなケアをくり返していると、かえって肌が荒れます。

40代を過ぎて、何かを変えた訳ではないのに肌荒れとなった場合は、スキンケアだけの問題ではありません。加齢に伴うカラダの変化が関係している可能性があるのです。

スポンサーリンク

40代男性のニキビの原因は?加齢による細胞間脂質と天然保湿因子の減少!

皮膚の外側には、表面をおおう“角層”というものがあります。

この角層は、角質細胞がびっしり重なりあってできています。角質細胞と角質細胞のあいだには「細胞間脂質」(さいぼうかんししつ)という天然の“糊(のり)”があり、細胞同士を結び付けています。細胞間脂質のおもな成分が、セラミドです。水分の蒸発を防ぐ役割があります。

また、角層細胞の中には、「天然保湿因子」(てんねんほしついんし)というアミノ酸があり、こちらも角層の水分を保持するはたらきがあります。

 

「細胞間脂質」や「天然保湿因子」は、どちらも加齢とともにゆるやかに減ってゆきます。すると、皮膚の表面が乾燥して、角質層にスキマができたり剥がれたりします。これによりバリア機能が低下するので、肌荒れしやすくなるのです。

ところが男性の場合、肌のことに無頓着で、ゴシゴシ顔を洗ったり、ひげそりで肌表面の角質層を削り取るなどしてしまいがち。また、日焼けでダメージを受ければ、どんどん肌のバリア機能が弱ってゆきます。

男こそスキンケアは間違い?界面活性剤はバリア機能を破壊する

徹底的にこすらない!肌を触らないお湯洗顔

肌についた塵やほこり、皮脂はほとんどがお湯で落ちますので、安易にクレンジング剤に手を出さないほうがよいです。お湯だけでじゅうぶん。市販されているクレンジングの多くには、「界面活性剤」という肌のバリア機能を壊す成分が含まれているからです。

私自身、若い頃ニキビに悩まされ、様々な洗顔フォームを使っていました。その結果、肌のバリア機能がどんどん低下し、目も当てられない肌質になってしまいました。

 

「界面活性剤」はシャンプーにも含まれますので、髪を洗ったときのすすぎ残しが肌荒れに繋がっていることも考えられます。

薄毛の原因は洗いすぎ?シャンプーに含まれる界面活性剤の怖ろしさ
髪を毎日きちんと洗っているのに、薄毛が止まらない。フケがおさまらない。本当に辛いですよね。こういう場合、実は髪を洗い過ぎていることが原因かもしれませんよ。薄毛のおもな原因まずは、ご自分の薄毛の原因を特定することが大事です。...

角質細胞は摩擦に弱いので、洗顔のときは顔をこすらないようにします。ぬるま湯を貯めた洗面器に顔を近づけ、下から手でパシャパシャぬるま湯をかけます。

洗顔後はキレイなタオルをそっと顔にあて、優しく水分を落とします。このときも、ゴシゴシ拭かないようにします。

不要な汚れだけをお湯洗顔で落とし、角質細胞を剥がしすぎない。天然のバリア機能である角質細胞をきちんと残しておくことが、加齢による急激な肌荒れを防ぐポイントです。

化粧水は余計に乾燥する?

また、乾燥を防ごうと思って、化粧水をバシャバシャつけるのも間違いです。水分は肌に長く留まれば留まるほど、蒸発するときに水分を奪ってゆきます。蒸発とともに角質細胞がめくれて、すきまが空いて、さらに肌の水分が蒸発します。

 

これまで洗顔フォームや化粧水を使ってなかった人は、使い方を間違えると、異物に対する拒否反応を起こし、逆に肌が荒れることがあります。

どうしても化粧水を使いたいという場合は、強すぎる界面活性剤防腐剤(バラベン)が入っていない化粧水を選び、使うときはほんの少量だけ付けることをおすすめします。

触れたくなる、大人の男肌。【UGA】

UGAの「モイスチャー バランス ローション」は、これまで化粧水を使用していたかた向けです。

日焼けや洗い過ぎ以外にも、肌荒れの要因があります。それは、腸内の免疫機能低下のよる、内的要因です。キーワードは“腸活”です。

腸内環境が肌荒れに関係する?すべてを司る免疫機能とは?

40代男性の肌荒れは、腸内環境の乱れ、発酵食品

肌荒れの原因は、腸内環境?免疫機能を司る腸内フローラ

「便秘をすると肌荒れしやすくなる」

便秘になると吹き出物ができやすくなる、と女性が語るのを聞いたことがあるでしょう。腸には「悪玉菌・善玉菌・日和見菌」という3種類の菌があります。便秘になると悪玉菌が増え、腐敗物質が汗となって外に排出され、肌荒れとなるのです。

実は、免疫細胞の7割は腸内にあると言われています。腸内に、ビフィズス菌に代表されるような善玉菌が多ければ、免疫機能がうまく働いてくれます。病気にかかりにくくなるし、肌荒れもしにくくなります。ところが、加齢とともに善玉菌が減り、悪玉菌が増えてゆきます

発酵食品+食物繊維で、腸内フローラをよい状態に!

肌が生まれ変わる周期のことを、ターンオーバーといいます。ターンオーバーは、40代で約45日間。もし外的要因がなければ、いまの肌の状態は、1ヶ月半前の食事に左右されることになります。

腸には1,000種類もの細菌があり、菌の種類ごとにカタマリとなって腸の壁にくっついています。この状態を「腸内フローラ」と呼びます。腸内の「善玉菌:悪玉菌:日和見菌は、2:1:7の割合」で存在しているのが理想といわれています。

善玉菌を増やしてくれるのが、発酵食品であり食物繊維です。逆に、悪玉菌の好物が脂肪とタンパク質です。脂肪とタンパク質を摂り過ぎないようにして、発酵食品を食べるように心がけると善玉菌が増えてくれます。

  • 発酵食品・・・ヨーグルトや納豆、味噌、キムチ、チーズ、甘酒、塩こうじ、天然酵母のパンなど
  • 食物繊維・・・ごぼうやアスパラガス、キャベツやきのこ、海藻など

善玉菌は、腸内に長いあいだ留まることができません。このため、発酵食品をできるだけ毎日摂取して、腸に補充しておくと肌荒れを予防することができます。

まとめ

40代になって肌が荒れたからといって、これまで使ったこともないようなスキンケア商品に急に手を出すのは、おすすめしません。クレンジングに含まれる界面活性剤は肌のバリア機能を壊してしまいますし、化粧水はつけすぎるとかえって肌の乾燥を招いてしまいます。

まずはごしごし洗い過ぎない、無防備に日焼けしない、という対策が必要です。

加齢による腸内環境の変化も、無視できません。腸がもつ免疫機能は、年齢とともに衰えてゆきます。善玉菌を増やすような発酵食品や食物繊維を摂るようにしましょう。