コーヒーの弊害?ニキビ肌改善を防ぐ意外なメカニズム!美肌と利尿作用の関係

こぼれるコーヒー豆 ニキビ

わたしは、10年以上ニキビ跡に悩まされてきました。茶色いシミやボコボコの跡が残っていますセルフケアで少しでもニキビ肌を改善したい・・・そう思って、肌に良いとされるタンパク質・野菜中心の食生活に改めました。

にも関わらず、ほとんど変化が見られませんでした。原因は、毎日のように飲んでいるあるモノでした。コーヒーです。

スポンサーリンク

コーヒーのカフェイン&砂糖は、ニキビの遠因となる

コーヒーはそのものが、直接的にニキビの原因となる訳ではありません。しかし、糖分の摂り過ぎは皮脂を増加させます。また、コーヒーを飲み過ぎるとカフェインの作用で、ストレスが増長されます。

睡眠不足、ストレスの原因となるカフェイン

コーヒーに含まれるカフェインを摂り過ぎると、中枢神経が刺激されます。そうすると、人は軽い興奮状態になり、眠気がスッキリして神経過敏になります。

なかなか寝つけなくなり、ストレスを感じやすくなり、肌荒れの原因となります。こういったストレスを抑えるのに使われる成分が、ビタミンCやビタミンE、大豆製品に含まれるトリプトファンなどです。

ニキビ肌を改善するため、美容のために効果があるビタミンCを、野菜などから摂取したとします。ビタミンCにはニキビの炎症を抑える性質がありますが、コーヒーを飲んだ場合はストレス軽減に優先して使われることになります。美容成分として働いてくれなくなってしまうのです。

アルコールの毒性を弱める。ストレスの緩和。免疫力を高める。肌の弾力アップ。美白効果・・・

ビタミンCには、たくさんの働きがあります。しかし、複数の役割がある成分の場合、なによりも生命維持に関わる仕事が優先されます。ビタミンCに美容効果を発揮してもらうには、なるべく他の役割を与えないようにする必要があります。

具体的には、お酒の量を減らす、コーヒーや辛い物など刺激物を減らすことが挙げられます。

皮脂の過剰分泌につながる砂糖

脂質や糖質を摂り過ぎると、ニキビの原因となる皮脂の分泌を増やしてしまいます。缶コーヒーには、およそ角砂糖3個ぶんの砂糖が含まれています。とくにカフェオレには、なんと角砂糖10個ぶんもの糖類が含まれています。

糖質は、ご飯にも含まれています。皮脂を抑えたいなら、なるべくそれ以外に砂糖を摂らないようにすべきです。

カフェインレスコーヒーでも、腸の悪玉菌を刺激してしまう?

腸内の細菌には、善玉菌悪玉菌日和見菌(ひよりみきん)の3種類があります。コーヒーやカレー、キムチなどの刺激物を摂取すると、腸が刺激され、悪玉菌の活発がさかんになります。

悪玉菌は老廃物となり、汗や尿というかたちで体外へ排出されます。このとき、顔に出る老廃物がニキビの原因となります。

数年前までは、腸を刺激するのはコーヒーに含まれるカフェインである、と見られていました。そこで、腸への負担が少ないカフェインレスコーヒーがたくさん発売されました。

ところが最近の研究では、カフェインが含まれてなくても、腸の収縮運動を活性化させてしまうことが確認されています。このことは、コーヒーの成分の中に、カフェイン以外にも腸を刺激するものが含まれていることを意味します。

コーヒーの弊害? ニキビ肌改善を妨げる意外なメカニズム!

ニキビによい食生活を送っていたとします。しかし、緑黄色野菜などを食べて体内に吸収した美容成分も、はたらく前に体外に追い出されてしまったとしたら・・・

コーヒーには、まさにこの作用があるのです。

美容の大敵! コーヒーの思わぬ副作用

茶色いシミ、凹凸型の改善を妨げているのが活性酸素です。ビタミンCには、この活性酸素を抑える抗酸化作用があります。そしてビタミンCは、美容液やパックなど外部から届けるより、食事で直接摂ったほうが吸収率の高くなる成分です。

わたしは大幅に食生活を改め、野菜などからビタミンCを多めに摂取するようにしていました。ところが、目に見える効果は現れません。いま思うと、原因はコーヒーの利尿作用によるものでした。

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があり、トイレが近くなってしまいます。

食事のときや食後すぐにコーヒーを飲むと、せっかく野菜から摂ったビタミンCも、すぐに尿として体外へ排出されてしまうことになります。コーヒーがビタミンCを直接こわす訳ではなく、ビタミンCの吸収を阻害していたのです。

これでは、いつまで経ってもビタミンCの美容効果を感じることはできません。

緑茶をコーヒーの代用に!

わたしがコーヒーをやめて、代わりに飲んだもの。それが緑茶でした。緑茶にはビタミンCが豊富に含まれ、抗酸化作用のあるカテキンも入っています。

食事と食事の間に緑茶を飲むことで、体内にビタミンCが留まっている時間を長くしよう、という考えのもとでした。

2か月経って、効果が出始めています。何より驚いたのが、皮脂の分泌量が抑えられること。

わたしは、頬やこめかみにはっきりとニキビ跡が残っていました。波をうっているような凸凹で、クレーター型でも症状の重いタイプです。毎年夏になると皮脂がテカって、ニキビ跡が浮き出るように見えていたのに、それがだいぶ抑えられたのです。