ニキビ跡が日焼けで目立たなくなる?経験者が語る真実

ニキビ
acworksさんによる写真ACからの写真

赤みの残るニキビや、茶色いシミになったニキビ跡。いっそのこと、こんがり日焼けしてしまえば目立たなくなるかも・・・そんなことを思っていませんか?この考えは絶対に間違っています。

この記事ではわたし自身の経験と、日焼けがお肌に与える悪影響のメカニズムをご紹介します。

スポンサーリンク

わたしが経験した、日焼けとニキビ跡

人生をやり直せるなら、「ニキビができる前に戻りたい」と思ったことはないでしょうか? もし人生を巻き戻せるなら・・・わたしなら、初めてニキビができた中学生の頃より、真っ黒に肌を焼いてしまった大学時代に戻りたいと思います。

それぐらい、日焼けは私の人生をメチャクチャにしました。

ニキビを隠したい、ごまかしたい高校生のころ

私がニキビに悩まされるようになったのは、中学3年の頃。もともと荒れやすい肌質も影響し、高校生になると顔中にニキビができるようになります。

当時は『ニキビは青春のシンボル』と言われていて、家族や親せきなどは「大人になれば自然に治るさ」などと楽観的に考えていました。

しかし、当の私は気にしていて、暇さえあれば鏡を見ていました。大きな白ニキビができれば、少しでも目立たぬように潰していました(⇦ 潰すのは絶対ダメ!)。

ニキビ跡を日焼けで隠せる、かん違いしていた大学のころ

大学の頃になると、ニキビは一時的におさまり、わずかに赤みや茶色いニキビ跡が残るだけとなります。若い頃はちょっとのニキビ跡でも気になるもので、鏡を見ると憂うつになると感じた私は、短髪にしてイメチェン!できるだけ鏡を見ないで済むようにします。

外交的になり、積極的にアルバイトに精を出すようになった私は、ある遊園地で接客のお仕事をするようになります。

海に面した遊園地で、晴れの日は日光がガンガン当たります。夏場なら、あっという間に顔が真っ赤になるほど、日差しの強い職場でした。

今なら、わかります。ニキビ症の人間が働く場所ではない、と。ところが、当時はネットも発達していないし、ニキビに関する知識もほとんど持っていませんでした。

「日焼けしてニキビが目立たなくなれば、ラッキー!」

なんて事を考えていたのです。確かに、真っ黒に焼けているときは、ニキビ跡は目立たなくなります。一時的に異性にモテることもありました。

しかし!! この時の日焼けのおかげで、のちに地獄の苦しみを味わうことになったのです。

日焼けは、凸凹ニキビ跡の原因に

バイトを辞め、大学を卒業したあたりから、わたしの肌は荒れに荒れまくります。赤みや茶色いシミだったニキビ跡は、いつの間にか、凸凹したクレーター状態になってゆきます。

どうして良いかわからず、ニキビ化粧品をいろいろと試しては、肌を悪化させてゆきます。外出するたびに気持ち悪がられ、絶望の日々。他人とまともに会話することさえ、できなくなってしまいます。

ニキビに関してたくさん勉強した今ならば、わかります。日焼けがニキビ跡を悪化させたばかりでなく、肌のバリア機能も弱めてしまったと。

日焼けがニキビ跡になるメカニズム

ニキビ跡は日焼けで目立たなくなる?茶色いシミからクレータへと重症化する仕組み

ニキビ跡は、赤み ⇨ 茶色いシミ ⇨ 凸凹のように段階を追って、治りにくくなります。そのメカニズムを説明します。

赤みのニキビ跡は、炎症の定着

ニキビができてアクネ菌が繁殖すると、皮膚細胞がダメージを受けます。このとき、患部に毛細血管が集まります。細胞を治そうと栄養素を送りこむため、血管がひらきます。このため、血流が皮膚からすけて赤く見えるようになります。

通常であれば、炎症は時間とともに収まり、赤みも消えます。ところが、皮膚の深部にヘモグロビンが留まってしまうと、赤みが残ってしまうのです。

茶色いシミは、メラニン色素の沈着

ニキビが炎症を起こすと、人間のカラダは活性酸素を生み出します。この活性酸素は、本来なら体内に侵入したウィルスや細菌をやっつけてくれます。ところが、過剰に分泌されると、正常な細胞までも傷つけてしまいます。

細胞が破壊されるのを防ぐために、表皮からメラニン色素が生み出されます。メラニン色素は攻撃力の強すぎる活性酸素をやわらげてくれます。役目を終えたメラニン色素は、体外に排出されます。

しかし、ターンオーバーがうまくゆかないと、メラニン色素が肌の深部に残ってしまいます。これが、茶色いシミタイプのニキビ跡です。火傷や虫刺されの痕、日焼けでシミができるのと同じメカニズムです。

つまり、ニキビ跡(=色素沈着)がある状態で日焼けをする(=色素沈着)ということは、色素沈着の原因を二重に作ることになるのです。

紫外線は、バリア機能低下と乾燥をまねく

なぜ、日焼けが悪なのか? それは、紫外線が肌をヤケドさせてしまうからです。

肌の表面には、角質皮脂膜があり、水分の蒸発を防いでいます。いわば、天然の保湿剤が備わっています。ところが、紫外線を浴びてチロシン(=アミノ酸の一種)が酸化すると、保護膜のはたらきを弱体化させてしまいます。人間のカラダが本来もっているバリア機能を弱めてしまうのです。

具体的に見てゆきましょう。

紫外線は、波長の長さによって分類されます。紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)、紫外線C波です。このうち、C波はオゾン層で食い止められますので、私たちの肌にダメージを与えるのは、A波とB波です。

紫外線A波(UVA)・・・シワやたるみ

紫外線A波は、波長が長く、肌の深部にある真皮にまで届きます。日焼けするほど強烈な光ではないものの、線維芽細胞(せんいがさいぼう)を傷つけてしまいます。

線維芽細胞とは、肌に弾力やハリを与えるコラーゲンヒアルロン酸を生成する場所。ここがダメージを受けると肌がたるみやすくなり、シミやしわとといった肌の老化現象につながります。

紫外線B派(UVB)・・・シミ、日焼け

波長が短く、肌への影響は強い。真皮までには達しないものの、表皮を傷つける。短時間あびただけでも、赤い炎症を起こしたり、黒い色素沈着を招いたりします。

特に、クレータータイプのニキビ跡に影響があるのが、紫外線A派です。炎症が真皮まで届いてしまうと、患部の周りの組織が固まってしまいます。

修復できた所とできなかった所の差が、凸凹となってニキビ跡となります。特に爪などで潰した箇所、大きな炎症ができた箇所は修復が難しいので、あとあと目立つようなクレーターとなる可能性が高まります。

まとめ

大きなニキビ跡がわたしの顔に残るようになったのは、次の経緯がありました。

① 日焼けとは、“肌のやけど”である。

② 日焼けによって肌の水分保持機能が弱まり、色素が沈着しやすくなる。

日焼けをすれば一時的にニキビ跡は目立たなくなりますが、いずれ大きなダメージとなってはね返ってきます。日焼けをしては絶対にダメです。私と同じ苦しみを味わう人が少なくなりますように。